忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像、捕獲TV Bros.より。
ウェブサイト→東京ニュース通信社

WOWOWにて4月9日に放送された「R60スネークマンショー」
伊武雅刀氏と小林克也氏から届けられた今なお語り継がれる
伝説のラジオ番組「スネークマンショー」から30年の時を経て、
還暦を越えたお二人の奇跡の狂宴。

…スミマセン、R指定破ってこっそり観てしまいました。

「スネークマンショー」の記憶と言えばYMOのアルバムや後の
LP盤(TV Bros.掲載インタビューではCD等は選集的な位置付け)の
内容を覚えていると言った程度でコアなファンとは言えないのですが、
ラジオも聞いていた筈。確か「それゆけスネークマン」だったか…
ラジオドラマ風の「ちび泥棒物語」の前後だったような記憶があるの
ですが…。ウ〜ン、遠い記憶の彼方過ぎてまったくのうろ覚え。

今思えば、言葉のフェティシズムとか間のエロス、強引な抜け(解放)感
がオチみたいな感覚…等々と好きな理由はうっすら掴めてはいるつもり
なのですが、当時の思春期真っただ中の私はきっと今よりわけ解らずに
そう言った有無を言わさぬニュアンスに純粋にときめきを感じ勢いに
翻弄され続けていた事でしょう。それでもなんだか楽しかった。

さて第1回放送分「シンサクネタナイト/今夜もごちそうさま」からの
一コマ、「ゾンビVS老人」は脚本、監督、松尾スズキ氏による大胆な
ゾンビワールド告知。映像作品とは言え顔面アップの切り抜き写真から
コマ撮り風アレンジで、主な映像は森の生い茂る木々と文字のみ。
そこに2か国語ナレーションが入れば特報風のスタイルで決まり。

…可笑しかった。

ゾンビと老人の比較やら老人の性質を垣間見せるエピソード。
笑い事じゃないのに笑ってしまう、いかにもな内容で口元も綻ぶ出来
だったかと。伊武雅刀氏と小林克也氏の“年を重ねたたたずまい”が
まさかの“凶器”となって振りかざされたような驚きと興奮。
わずか2分程のエピソードでしたが、いや〜面白かったです。

第1回 「シンサクネタナイト/今夜もごちそうさま」の他のネタに
第2回 「鎌倉物語」、第3回 「畠山守とその妻」、
第4回 「スネークマンショー復活未満」、と4週に渡り繰り広げられた
混沌とした時間に不条理を屁理屈で武装したような、不可思議な世界観を
堪能出来、非常に楽しかったです。

PR

↑主人公アリソンはなんとバーバラとして
「生ける屍の夜」に入り込んでしまったのです!!


霊能者アリソン・デュボアの数奇な運命をドラマ化した
テレビシリーズ「ミディアム」。そのシーズン6・第6話、
邦題エピソードタイトル「ゾンビ・ナイト」を観ていますと、
主人公アリソンがいつものように夢を見、事件解明に関わるのですが、
その舞台はなんとロメロ監督の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」。
映画の中に入ってしまうというシリーズでは珍しいストーリーで、
おりしも季節柄ハロウィンを向かえテレビ番組は連日ゾンビ特集を
放送していると言う設定。当ブログにとってはなんとも羨ましい環境。
そんな時期だからかアリソンの夢にもその影響が現れてしまったので
しょうか? しかも何やら笑い事ではない、いつもと様子が違う
痛々しい現象もアリソンにとっては珍しい展開でした。

アリソンの2番目の娘ブリジットは食事をしながら「ナイト・オブ…」
を観ていて得意げにそのタイトルを言うと、アリソンの夫ジョーが
すかさずとあるゾンビ映画に関する台詞を発し、頬を緩ませます。
言わずもがな夫ジョー役のジェイク・ウェバー氏は「ゾンビ」のリメイク
「ドーン・オブ・ザ・デッド」で主役級のマイケルを演じた役者さん。
しかも「ドーン・オブ…」では見せなかった姿も披露していて、これまた
事情の分かっている方には口角もあがると言うものではないでしょうか。

いわゆるゾンビ作品の態をしっかりと押さえた内容で実におもしろく
怖く、ゾンビ好きには納得のピソードとなっていると思われ、
なかなか楽しく仕上がっていました。


ロメロ監督作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」に関する
ちょっとした語りぐさにでもいかがでしょうか。


>借りて来たゾンビ。

おそらくはゾンビ史上最も優れたボディ・コントロール能力と
機動性を発揮する俊敏なゾンビ化ではないでしょうか(笑)。
形式的にはパルクール展開の動きのようなのでそのまま
パルクールゾンビとでも呼びましょう。致命傷負っても動いて
いるようなので多分死んでいる個体もいる筈。死者の面影など微塵も
感じさせず頭を破壊しない限り突進して来る様は、意表を付いて
結構おかしい怖いです。内容も生き残りをかけた人間模様が
無様さを全面に押し出した酷い話盛り沢山で苦しくてシビアで良いかと。

◆とある製薬会社で開発中の新薬の臨床試験を受けた人々が退院後、
次々と副作用が現れるようになり凶暴化して手の付けられない事態に。
噛み付かれれば症状が感染し、とうとう街は凶暴化した人間たちで
溢れかえる。製薬会社の社長お抱えの始末人は発症の報告のない唯一の
女性被験者の居所を突き止めるべく、危険な街に突っ込んで行く…


☆以下、内容に触れています。

ゾンビがビュンビュン飛び跳ねるのはゾンビ的にどうなのかと思って
観ていましたが意外や意外、逆に新鮮に感じて面白いのにビックリ。
ゾンビがパルクールやってのける姿は絵面的にも笑かしておののかして
くれましたよ。ロンドンを舞台に隙間さえあれば突っ込んで来る
パルクール型ゾンビは新種として認めざるを得ませんね(笑)。
「28週後…」でロンドンを走り回ったゾンビ達を上回るにはこの機動力
なのかな?(笑)。ゾンビが水に入れないなんて言う所も妙でおかしく、
噛まれて感染しても抑制剤を射って発症を抑えると言う点も、
意外と悲愴感もあって良かったかと。

物語的には情けないやつらが無様な真似をして卑怯ぶりも極まり
これでもかとくだらない人間模様が見て取れ、押さえどころも押さえて
いる感で作品作りに好感が持てました。終盤に女性を逃がす為にゾンビの
群れに男二人で挑むのですが、割と見かけるシチュエーションながら熱く
なるんですよねナゼか(笑)。最後にチェーンソー持って一暴れの前で
クレジットに入る勢いのあるぶつ切り感が頬を緩ませて好み(苦笑)。


全体的にはそつなくこなした印象ですが悪く無かったです。及第点越え。


>衛星より受信。

「地球に落ちて来た男」ことデヴィッド・ボウイ氏のご子息である
ダンカン・ジョーンズ氏の監督デビュー作との事。誰もが納得感のある
邦題は気が利いているようで、こう言うニュアンスは好きです。
月面基地内部の白と灰色を基調としたどこか堅苦しいようなシンプルな
空間は懐古的雰囲気を醸し出し空想科学の夢と希望を呼び覚ます。
主な登場人物は主人公サム・ベル演じるサム・ロックウェル氏一人。
孤独と夢に包まれた世界が不具合を起こし始めた果てにみた
悲しすぎる心たち。秀作でした。

◆月でたった一人、かけがえの無いエネルギー源を採掘し地球へ送る作業
をこなしているサム。派遣された会社ルナ産業との契約期間は3年。
地球との交信は衛星の事故で使用不能、録音したメッセージでやり取り
する環境の中、管理ロボットのガーティに見守られながら、ようやく地球
に戻れる日も残り2週間となったが、体調不良で事故を起こし怪我を負って
しまう。サムが昏睡から目覚めた時、あるはずの無い光景を目にする…


☆以下、内容に触れています。

同じ記憶、同じ体、同じ考え方…オリジナルの記憶を植え付けられた
クローンは帰れるはずのない地球の家と妻との再開を胸に抱きながら
三年間の生涯を終える…人間が部品として産み出されては余命まで設定
され使い捨て。クローンがオリジナルの為の部品取り的な作品はあり
ますが本当に人知れず黙々と繰り返される完全な道具として描いた計り
知れない恐怖感は秀逸。希望を与えられ夢叶うその日に殺されている
なんて残酷極まりない。しかも明らかに3年しか生きられない体として
産み出されているようなので恐るべき行為甚だしい。全く同じ人間が
出会ってしまうなんて不条理感も気味が悪く、そして自分の存在が全否定
される瞬間の絶望も相当怖い。ただただ恐ろしい空間に見出した個から
複への歩み寄り、気付いてもらわなければ孤独ですらない無から有への
足がかりは、何ものでもない存在から“誰か”へと脱却するPR。そして、
背中を押したのは他ならぬ自分自身と考えるのもまた然り。…感心。

“彼”を守るのが役割とふとした瞬間に見せるガーティの行動が絶妙な
タイミングで泣かせます。プログラムは意志か反応か…名ロボットと
して語り継がれる事でしょう。

余談ですが、見終えてふとゾンビの起源と言われるヴードゥーゾンビを
思い出しました。偽装死後、“意志”を奪われ操られた奴隷…死体が
蘇ったというよりも 人間性を奪われた社会的に“死んだ”姿のそれ。
労働力の為だけに存在し、発生した時から既に社会から剥離された姿は
まるでゾンビのそれに似ていると思いました。“心”は何処にあれば
“心”でいられるのか。ゾンビは何故にゾンビか。

当ブログ的に見ても非常に興味深かったです。


>画像、捕獲BDより。


さて、2010年4月23日「ゾンビ新世紀完全版BOX」発売から一年が経ちます。一年も経てば感想もそれなりに出揃っていると思われますので、ぼちぼち私も感想あるいは思い込み(笑)など記してみようかなと思います。しかしその前に「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」のBD(DVDは未確認ですが同じ内容みたい)に収録された二つの特典映像について書き留めていなかったのでまずはその辺りから始めてみます。


◆一つ目は「登場人物の告白」と題された、異常事態を記録しておきたいジェイソンが学生メンバー4人に一人ずつカメラの前でコメントを残す様にと告げ個々の独白をメインに撮影されたもの。「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」のBDを観た後は必ずこちらまで観てしまいます。これはこれで「死の終焉」未使用カット集的な役割も感じられ異常事態に切迫したひとつの“まとめ”として観れば興味深くもなりました。ジェイソンがもし生きていたならどう使って作品に仕上げたのでしょうね。個人的にはテキサス娘トレイシーがお気に入りだったので颯爽と旅に出てしまったデブラ編集版の「死の終焉」に若干の寂しさを感じていたのですがこの独白で感情豊かに語っているトレイシーの姿に一喜一憂してしまいました。死者が蘇り始めた当初から事在る毎に少しずつ録り溜められたものらしく最後にはしっかりと締めとなる言葉も聞け、言うなれば“もうひとつの「死の終焉」=アナザー・ダイアリー・オブ・ザ・デッド“的様相で個人的には非常に面白かったです。


◆そしてもう一つは「スピーク・オブ・ザ・デッド」と題された2007年8月26日にトロントで行われたイベントでのインタビュー映像。私はこの中で、ロメロゾンビ作品において抱いていた私のイメージを改めさせ凄まじさを増幅させる言葉を聞く事となりました。ロメロゾンビ作品それぞれに於いて「風刺的あるいは社会批判的」なニュアンスが常に盛り込まれているのは周知の事実のですが、それを踏まえた上で“その言葉”は毎回執拗に描かれる人間達のとってしまう蛮行が及ぼすであろう影響こそが重大な意味を持っているのではと改めて考えさせられた極めてシビアな言葉でもありました。当ブログでも度々記していますし皆様にはとっくに気付いていたと言われそうで改めて言う程の事ではないかも知れませんが、私自身の整理の為に記入しておこうと思います。

☆以下、ロメロゾンビ全般についての印象など含め記しています。

その言葉とは「くだらない人間達が社会を悪くして行く」と記されたもの。「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の今なお物議を醸し出すエンディングで描かれているゾンビ狩りを始める人間達の姿を描いた意図を司会者が聞いた所で監督自身から発せられた言葉です。この言葉が示す“くだらない人間”というのは制作当時1690年代に生きるの男達が皆本気で抱いていたとされる「自分が手で社会を変えられる」と言う思いと記されますが、その後でも描かれる「ゾンビ」から「サバイバル・オブ・ザ・デッド」までの「“自らの考えを誇示”しようとした結果事態に混乱を乗じる」と言った展開と重なり、その根底には「くだらない人間が社会を悪くする」と言った思いが常に潜んでいそうに思え、ロメロゾンビ全編に渡り当てはまるこのニュアンスには脱帽しました。それまでの私の抱いていた作品イメージは異常事態に於いて暴走してしまう人間の“惨たらしい面”を描いているのだろうと思ってはいたのですが、ロメロ監督の真意は“惨たらしい面”を描く事によりもう一歩踏み込んだ“悪くなる一方”まで示していたのかもしれないと思えば驚きも大きく、「社会情勢」に「くだらない人間たち」が及ぼすであろう影響を考えた結果が全ての作品で共通している“収拾がつかなくなり最悪の事態で終わる”と言ったスタイルを続けさせているのではとも思ったりします。くだらない人間が改心して良い結果を導く、あるいはくだらない人間が死に絶える…そう言ったニュアンスの作品は多くありますが、「くだらない人間が社会を悪くする」と直接示していた作品たちであれば、他にそう思い当たりません。同インタビューで「収まるものは録りたくなかった」とも語っていますが、裏打ちされたであろう“その言葉”を踏まえて改めてシリーズ全編をみれば、また世界観も重く一層終末観を深めた印象も受けます。ロメロ監督は「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のエンディングに込めた意図はその“くだらない人間”に対しての“怒り”とも語ったようです。一貫して“良くはならない”スタイルで描き続けているという事は監督自身今以て収まらない“怒り”を抱え続けているのではとも考えられ至極壮絶です。それを踏まえれば“死の主張対する死を笑うもの“と言った私自身がゾンビ作品に求めたい図式もさらにシビアさを増して来て痺れて来ました。全作品素晴らしいと改めて思います。「スピーク・オブ・ザ・デッド」観賞後は”その言葉”にも着目し、それもまたロメロゾンビの真骨頂、他の追随を許さない唯一無二の演出力なのかも知れないと感じたりしています。…とは言え、真意はロメロ監督にしか判りませんのであくまでも私の感じた事だとも付け加えておきます。

稀な存在感を示し続ける“怒れるロメロ”監督は次回作で一体何を描くのでしょうね…期待に大いに胸膨らみます。早く観てみたい。それではぼちぼち日本に於ける価値観を一新し歴史を塗り替えた感のある「ゾンビ新世紀完全版BOX」について考えてみようと思います。


>衛星よりHV受信。

大それたと言いますか、大胆と言いますか、事象だけ示してほとんど
解説されないままザックリと話が進むので、私には全体像を把握しきれ
ないままなんとなく見終えたのですが、それでも結構面白かったの
ですよ(笑)。ちょくちょくお話ししております通りワタクシ宗教関係は
疎い全くの素人ですので、本作のように聖書を取りあげつつも“そう単純
(書かれている通り)ではない”と聖書を否定する所から入るのも潔くて
好みです。そもそも天使が人間を襲いまくると言うとんでもない設定自体
を活かすのであればやむを得ないでしょうけれど(笑)

◆荒野に一軒だけぽつんとある飲食店では客としてやって来た老女が突然
凶暴化、他の客の首に食らいつき店はパニックに。車に担ぎ込み急いで
怪我人を病院へ運ぼうとしたが蠅の群れに阻まれ店に戻るしかなかった。
何が起きているのか全く解らない状態の所にパトカーに乗った一人の男が
現れ、天使が人間を襲い始めたと告げた…。


☆以下、内容に触れています。

どえらい戦いが始まってしまいましたが、どうやらこれは序盤でしか無さ
そうですよね。聖書の類に新たに書き加えられるべき新章の始まりで
しょうか?私の拙いイメージから察するに、天使と人間そして悪魔まで
巻き込んだスケールでか過ぎの印象。蠅を纏ったお婆さんは“蠅の王”に
思えた方も多いでしょうし、女性には珍しいチャーリーと言う名前を
もつ人間は果して単純に女性なのかとか、お腹の中にいるのにタバコを
ガンガン吸われ堕胎手術を絶えず考えられそれゆえ憎しみの対象としか
捉えられない子供って一体どんな存在へと成長するのかも気になって気に
なって。天使に認められた良き男ジープと、頑に育児を拒む悪しき
そぶりの母チャーリーの狭間でせめぎ合いの中成長する子供に及ぶ影響は
どちらか等、あちらこちらで善悪のてんこ盛り状態。その行く末はすでに
天井婆さんに地獄に堕ちるとまで予言されれば、天使達の勢力と均衡を
保てる存在になるという事か?なんて深読みもしたくなる。さらに神に
見限られた天使ガブリエルのその後の動向、世界の受けた宗教観と物理的
なダメージ、予言者に会って指示を解読しろと言う件もあり、断片から
想像してしまうその後の物語の行方にも要注目なんて事態に続編は果して
作られるのか否か、斯く言う独自の妄想力を駆使しつつも凄まじい
放り投げ技に逆に感服してしまいました(笑)

当ブログでは多くの方がゾンビと示せばそれはもうゾンビとする
しきたりです(笑)。斯く言うゾンビ態は首を噛みちぎったりするし
お婆さんは確実に首の骨が折れているとまで言っていましたから、
死んだ状態でも動いていた様なのでゾンビと言っても問題無さそう。
天使が人間に取り憑いて人間たちを襲い滅ぼしにかかるという状態と
悪魔が取り憑いて暴れる状態の2種類いそうな雰囲気でした。天使が
取り憑いて人々を襲うと言った状態が他の作品であったかどうかすぐに
思い浮かびませんのでもしありましたらぜひ教えて下さい。憑依系ゾンビ
の新種と言ってもよいでしょうか。天使が人に取り憑いて人の手助けを
するのは出会った事ありそうですし、悪魔に取り憑かれたりするのは
稀に出会いますけれど、まさか天使が人に取り憑きを滅ぼしにかかる
なんて驚きです。天使が姿を現しそれ自体も試され、悪魔も片鱗を見せた
世界で、残された人間は何を感じ、何を信じ、何を思うのでしょうか?


これ1本での作品としてはなかなか評価しづらい印象はありましたが
それを補って余る破天荒さは充分堪能出来た気がします。非常に好み。
怪作。


>画像、捕獲DVDより。

去年の年の瀬にVHSを整頓していたら「殺人鬼の森」と言う映画の衛星より
受信したTV放送を録画したテープが出て来まして、日本では確か未公開
作品でソフト化もされていない作品らしいのですが、懐かしかったので
見入ってしまいました。主演のジェニー・アガターさんは制作年数から
逆算するとこの撮影当時17歳くらいだと思われますが、14歳の少女の役。
その風貌からあどけない雰囲気と、多感な思春期に揺れ動く活発さと、
それ故の残酷な側面を切なく見事に演じ、時に可愛らしいやら、
それでいていじらしいやらで、もの凄く好きな作品なのですが、
そんなジェニー・アガターさんは「狼男アメリカン」のヒロイン役と言う
事を思い出しDVDを探し出して観てしまいました。このお方、伏し目
がちな視線が至極コケティッシュで艶っぽく、本作でも素敵な存在感を
醸し出していますよね。

◆旅の途中のアメリカ人の若者2人が進んでいる場所は民家も
見当たらないような閑散とした一本道の野原。そんな中見かけた飲み屋に
入ると何やら壁に不気味な記しが。記しの事を聞くと飲み屋にいた男達は
態度を荒げ若者達は店を追い出されてしまい、やむなくまた野原を歩き
出すと、二人は異様な獣に襲われてしまい…


☆以下、内容に触れています。

物語は至ってシンプル。旅の途中の若者が狼男に襲われ、自らも狼男と
化し人々を襲いまくり、最後は繁華街で撃たれてしまい…という展開。
余韻ありそうな最後がぶっつりと切れエンドクレジットに突入するラスト
の間ももの凄く好み。あんなに奇抜な“狼男”と“動く死体”を見せ
つけて、感傷に浸る間も無く「ハイ、おしまい。帰った、帰った。」と
突き放されたまま終わる感じは、エンドクレジットでポカーンとする
観客の動揺を見透かした監督のちょっとしたいじわるでしょうか(笑)。
この手の潔い終わり方は結構好みなのですが、本作に限ってはそれが
擬似的見世物小屋のようなニュアンスで意外とアトラクション的な効果
も受け不思議な感覚に陥ったのを思い出しました。

とにかく素晴らしいかった特殊メイク。本作と言えば狼に変身する
場面がよく取りあげられますが、やはり当ブログにとっては主人公の
親友ジャックの度々現れる異様な風貌でしょう。私がゾンビを初めて
目撃したのは「ヘビー・メタル」の中の短編“B-17”で、その次に観たのが
「バタリアン」のようなのですが、たぶんその前にこの「狼男アメリカン」が
入りそうです。実際、ゾンビが出て来る訳ではありませんが死んだはずの
ジャックがボロボロの傷だらけで現れる様が、それはもう素晴らしく
ゾンビ。見るからに生きていないであろう傷だらけで血まみれのまま
現れるその姿の違和感と言ったら凄まじく衝撃的。これこそが私の
思い描く理想のゾンビ像に匹敵します。次第に腐って行くし、そういった
プロセスもたまらない。最後の一体が滅びるまで狼男の呪いから逃れ
られず死しても魂がこの世を彷徨い続けると言う“いわゆるゾンビ”とは
別種の“アンデッド”ではありますが、ここまで見事にその生ける屍感を
アピールした姿は秀逸です。デヴィッドだけに見える“実感ゾンビ”
として珍種ゾンビと認めてあげてもいい気もしませんか?当ブログだけ
でもゾンビと認可してみましょう(笑)。デヴィッドに殺された人々も
血だらけで死を薦める提案会議する姿も異様で何処となくおかしく、
生ける屍達の存在感には脱帽。狼男の変身シーンも素晴らしいですが、
そういった“実感ゾンビ”も相当凄かったですよね、本作は。今後は気を
付けて探してみよう“実感ゾンビ”の仲間たち。となれば清水崇監督の
「輪廻」あたりどうでしょうかね?


デヴィッドとジャックの残酷珍道中。奇天烈で凄くて虚しくて悲しい。
さらにホラー短編を集めたTVシリーズ「マスターズ・オブ・ホラー」に
収められた同じくジョン・ランディス監督作の「ディア・ウーマン」も
あわせてご覧になるとその世界観がまた一層ユニークになって楽しい
ですよね。因に本作の原題に「…IN LONDON」とありますが
「…IN PARIS」の方は残念ながら未見です。




>衛星よりHV受信。

直接的にいわゆる“ゾンビが”と言う見せ所がある訳ではありませんが
ニュアンス的にゾンビと言っても通りそうな作品でしたので番外編的に
取りあげてみます。どちらかと言うと地味な作品だと思いますが、個人的
には主人公ケイシーの見る夢や幻覚、謎の存在の薄気味悪さに相応の
雰囲気があり、勇ましく挑んだ無謀な儀式も悲愴感激しく凄まじかったと
思うので作品的にはなかなか楽しめました。

女子大生のケイシーがふと見た不思議な夢、面をかぶった犬、瓶に収め
られた胎児…男の子二人のベビーシッターをしている家から女友達に
夢占いの示す意味を聞いている最中、子供の囁く声が聞こえ子供達の元に
向かうと年上の男の子が産まれて間もない赤ん坊に鏡を見せていて、
不穏に思ったケイシーは男の子に近づくとその子は突然腕を振り上げ
ケイシーは左目辺りに衝撃を受けてしまう。のちに瞳が変色しているのに
気が付き病院に行くと、それは双子に稀に現れる症状と判り父親に問い
ただすと産まれる前に死んでしまった双子の兄弟がいた事を知らされる。
やがて次第にケイシーは幻覚に悩まされるようになり、周りでは次々と
異常事態が起き続け…


☆以下、内容に触れています。

件のゾンビ的ニュアンスというのは、死霊のはらわた的憑依系ゾンビの事
なのですが、ディバックなる“天国に入る事を禁じられた存在”が、
死んだ人間に取り憑いて動き回っていると言う意味合いからです。
ケイシーの祖母にも双子の弟がいて、1944年にナチスの双子ばかり集め
られた収容所で行われていた実験で命を落としてしまったはずなのに、
2日後別の何かがその弟に入り込み蘇って来たと語られます。
ケイシーの女友達が子供に刺されて倒れ動かない状態の時に憑依され
もがいていたシーンもありましたし、劇中では死んでいても取り憑けると
言うような発言もありました。当ブログ的には死者が動き出すと言う
状態がゾンビでもいいかなと思いまして(笑)

ナチスの科学者が行う眼の色を茶から青に変える実験というマッド気質な
研究も恐ろしいながら、実験体にされ戻って来た男の子は偶然にも何かに
取り憑かれ別の存在になって蘇ったと言う何とも荒唐無稽な展開がB級
好きにはたまらないじゃないですか。深読みすればナチスも双子集めに
協力させられていたなんてパターンも考えられ無くもなく。その何かと
いうのは先にも触れましたディバック(ディブク/ディブック表記あり)と
呼ばれる存在で本編では“心の病”という概念の無かった時代の総称的な
役割を含み、一方では宗教や人間よりも以前からいたとも言われる存在
で、天国に拒まれるとなれば“良くはない”存在には違い無さそうです。
双子は取り憑かれやすいと言う特徴からたまたまケイシーの祖母の弟が
選ばれ、おかしいと気付いたケイシーの祖母に(どうやってと言う説明は
ないものの)再び殺され、この世に存在する事を阻止された時点より、
ケイシーの母、ケイシーと三世代に及び呪いが続き闘う事になった血筋
は、双子として産まれる前に片方が臍の緒で首を締めて殺していたなんて
事態もあったならとてつもなく凄まじい攻防ではないでしょうか。

圧巻なのはメーンの悪魔祓いの儀式でしょう。私は映画「エクソシスト」を
はじめ悪魔祓いの儀式そのものになぜか興奮する方なので(この世に邪悪な
存在が目に見えて示される瞬間が恐ろしくたまらない様です)、それだけで
この映画も楽しめたのですが、自らの意志で協力を示した10人が勇ましく
儀式に挑んだばかりにあっさりとディバックに殺されて行く様は、無知の
無防備さと、勇ましさでは太刀打ち出来ない無駄死に感を募らせ悲痛。
この辺りあっけないと取るか、脆さを思い知らされたと取るかで全体の
締めくくりに影響しそうです。ケイシーはこの儀式で彼氏まで奪われ、
しかも彼氏との間に交わした肉体関係により双子を身籠ってしまう最悪な
事態までのたたみかけはとにかく惨いでしょう。こういったラストは
ホラー映画的予定調和に多く観られますが、その実、大勢の人々の死の
全てが無駄に終わりなにも解決していなかったという状態は、パターン化
しているとは言えやはり悲劇だし、加え彼の忘れ形見で悦ばしいはずの
妊娠が次の世代を巻き込んでの戦いがすでに始っていると示していると
なれば、その無駄骨感には愕然としました。

それでも、まだこの世に生まれでる事は阻止出来ている…
公にもならず、その事だけが唯一の慰みとはなんて残酷な希望。
一見地味ですが…切なすぎるほど熱いと思いませんか?!、この攻防。


当ブログでは本作「アンボーン」を支持してみます。


>画像、チラシより。劇場公開にて。

ジョージ・A・ロメロ監督が「ゾンビ」から遡る事5年程前に
拵えた混沌映画の傑作「ザ・クレイジーズ」のリメイク
となる本作ですが、当ブログではオリジナル版を
踏まえた上での感想になっていますのであしからず。
オリジナル版を観ていない方には「よくある感染パニック映画」で
終わっている可能性もありそうです。それでもパンデミック逃避行物
としての殺伐とした印象は映画としてなかなか好みでした。

穏やかな小さな町に突如起きた射殺事件。野球の試合中に銃を持って
グランドに現れた男を保安官のデヴィッドが危険を感じ撃ち殺して
しまった。当初、酒に酔っての行動と思われ射殺した遺体を調べるも
原因がはっきりしない。やがて次々と起き始める人々の異常行動と
惨劇を調べるうちに、川に何かが落ちたと言う証言を聞き川の上流に
向かうと、そこにはこの異常事態の元凶が不気味に姿を現し、町には
防護マスクを着けた軍人達が押し寄せていた…。


☆以下、内容に触れています。
(オリジナル版「ザ・クレイジーズ」にも言及しています。)

オリジナル版に観た、人物、事態、考え方、など様々なクレイジーぶりが
あれよという間に蔓延る様を状況報告的な演出で淡々と描ききった
潔さや、世界観と襲い来る人々に、いわゆるモンスターとしての
“ゾンビ”が直接描かれていないにも関わらずゾンビを感じずには
いられないと言った雰囲気は成りを潜めてしまいましたが、
リメイク版はそれでもやはり、おかしくなった人々、
尋常ならざる振る舞い、極めつけ軍事行動と、正気の沙汰とは
思えない三昧の作品なのは確かです。主人公たちの逃亡劇を
描きたい事柄や見せ方に的を絞ってショーアップした印象で、
個人的にはそう悪い出来でもなく、及第点は越えています。
でもそれは見比べる事が出来たから楽しめた部分でもありますので、
双方比べつつ作品を振り返ってみようと思います。

もし感染力の強い殺傷生の高いウィルスが身近で蔓延し、
自分への感染も調べる術もなく、そのウィルスの影響で気がふれたり
他の人々に危害を加えるかも知れないとだけ解ったら、自分なら
どうするか…。正常か否か、正しい判断が出来ていると思って
行動するも、それが正しいのかは当人では判断しようがない。
そんな状態で逃げ延びる道を選べるのか。逃げ延びていいものなのか。
…とは言え殺されるわけにはいかないし自分は感染していないと決め
生き延びる為に逃げ惑う。リメイク版の本作では終始その辺りを
考えさせて来る気がしました。

オリジナル版は複数の“クレイジー”を描き込みさらに
ドキュメンタリーを見ている様な錯覚を感じさせる緊迫した構成に、
個人的には画面の“外”から事を観、考えさせる場を提供された感を
受けたスタイルでしたが、リメイク版は逆に画面の“内”に招き入れ
考えさせようとする雰囲気があり、オリジナル版との演出面の違いを
思わせ、登場人物との距離感から来る身近な印象は良かったです。
軍事兵器トリクシーの招く恐ろしい事態の中には、感染しているかが
はっきり“わからない”事もあり、ロメロ監督のオリジナルでも
その部分には触れていますが、トリクシーと観客の距離は確実に
リメイク版の方が近く感じました。

感染者は時間が経つにつれ、容姿も皮膚が炎症を起こし、惨たらしく
ゾンビっぽい形相に。それでも武器を翳し迫り来る様は人間臭いですが、
閉鎖された区域で殺されるのを待つだけの、「社会的に死んだ存在」感は
ずっしりと重く、当ブログ的にはゾンビと括っても良いのではと
思いました。

キノコ雲で締めくくるのも最早セオリーと化して今更感は否めませんが、
オリジナル版では指をかけた最も愚かな判断をあえて描いたと取れば、
キ◯ガイ沙汰として物語的には納得のいく有様でしょう。
しかも、逃げ延びた感染していないかも知れない保安官夫妻の
向かった先にも的を絞り再び惨劇を繰り返そうものなら、
クレイジーさも甚だしい。ボタン一押しで片をつけてしまいそうな
思考力の無さはオリジナル版が描かれた時代より、現在の方が現実味を
帯びているのかもしれないと考えるとそれもまたいかれ加減に
拍車をかけて来ます。

果してオリジナル版を知らずに見た場合どうだったか…
それでも死体の数にみる惨たらしい仕打ちに異常さは感じられた筈。
結構、いい線いっていたかも知れません。



>画像、捕獲DVDより。

本DVD化で初めて見ました。
VHS版は未見なので違いがあるようでしたら
お教え頂けると嬉しいです。

悪魔崇拝者のヒッピーグループは移動中に車が故障し、人口40人の
小さな町にしばらく居着く事に。町の娘はグループに乱暴され
その祖父は仕返しに向かうが返り討ちにあい怪我を負わされてしまう。
孫のピートは獣医の祖父から狂犬病の話を聞いていて、町に現れた
狂犬病の犬から血を抜き取ると、母親の売っているパイに犬の血を
仕込みヒッピー達に買うように仕向ける。そのパイを食べた
ヒッピー達の体はやがて異変を現し次々と人を殺し始めたのだ!!!


☆以下、内容に触れています。

なんて事するんだピート少年!!
おかげで町は殺戮集団が横行する危険地帯と化す!!
子供のちょっとした仕返しのつもりが恐ろしい結果に!!
そこが一番怖いかも。

監督曰く、恐水症を描きたかった所に世間では集団殺人の事件で
慌ただしくなり、その2つを合わせた作品との事。
ラストに向けて泡を吹き増え続ける凶器を振りかざす殺人鬼たちの
凶行がエスカレートする様は、なかなかシュールで圧巻でした。
切り取った足を見せびらかしたりとお茶目な反面、
妊婦さんが自らのお腹に杭を立てるシーンは今でも衝撃的。

劇場公開当時のオリジナル予告で、しっかり「ゾンビ達が襲って来る」と
言った言葉が聞け、こう言った人間性を失った態がゾンビと示されて
いるのも興味深かったです。

水を恐れると言う症状から、発想としてはシンプルながらも
川に入れなかったり、水かけられて倒れてしまったりも、
単純でこう言ったニュアンスは好きな私としては意外と嵌って
スリリングでしたよ(笑) LSD中毒だからどんな症状を現すか判らない
など考えようによってはウィルスの変化を示唆するとも捉えたりもして
(まぁ考え過ぎですが)映画としてはユニークで妙な雰囲気も味わえて
個人的には楽しめた1本です。

映画見終えて、ピート少年おとがめ無し?
母親噛まれてるじゃんか!! と思っていたら
本編には使わなかったけれどその辺の事も両方撮って
用意していたんですね。未使用シーンで見られ、
勝手に後日談的な解釈でそちらも楽しめました。

特典収録のインタビューで監督自身が「ザ・クレイジーズ」と似ていると
告げていますね。確かにシチュエーションだけ取れば似ていますが
本作のストレートな狂人達の恐ろしさは「ザ・クレイジーズ」の内包する
ロメロ監督の真骨頂”的内容とは一線を画していますので、
両方見た方は作品の描き出した事柄を判断出来るでしょう。


タイトル“I DRINK YOUR BLOOD”は内容もよく知らずに
勝手に付けられたらしいですが、邦題の“処刑軍団ザップ”は
コミカルな雰囲気でまた妙な味わいもありなんだかおかしく、
作品もまんまそんなニュアンスなので邦題も含め
総じて割と好きだったりします。

ところで本国で本作が劇場公開当時、抱き合わせで公開された(?)らしき
“I EAT YOUR SKIN”はヴードゥー絡みのゾンビ態作品との事。
私は今だお目にかかれていませんがいつかは観てみたいです。



トップへ 忍者ブログ [PR]