忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像、チラシより。劇場鑑賞。
話題の「ブラック・スワン」を観て来ました。

◆ニューヨークのバレエ団に所属するニナは、絵に描いたような優等生で正統派の踊りは申し分無い。「白鳥の湖」を演出するトーマスは、魅惑的な黒鳥を演じることに不安が残るそんなニナを主役にする気などもうとう無かったのだが、ニナの内に眠る刃に触れ主役に抜擢するのだが…

個人的には「レクイエム・フォー・ドリーム」でやられて以来、注目しているダーレン・アロノフスキー監督作なのですが、こうも毎回クセのあると言いますか、こだわりのようなものを感じさせる演出を見せて来ると、もうこれぞと言った感じで頬が緩みっぱなしでした。

この期にダーレン・アロノフスキー監督について思い当たった事等ぼちぼち書き留められればと思いたち、ああだこうだとある事ない事大それた考察を記してゆこうと思います。とは言え映画本編のみ観ただけで抱いた一映画好き素人の個人的な憶測ではあるし、他は参考にしようとWikiダーレン監督項目に目を通したくらいなので、パンフレット等に似た記載があった場合等も含め、どうかご容赦の程。

☆以下、ダーレン・アロノフスキー監督作に言及ありです。

2008年「レスラー」が第65回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞、後に2010年「ブラック・スワン」で主演のナタリー・ポートマンさんが第83回アカデミー賞で主演女優賞を受賞と、監督作が次々と話題に上がり、既に監督の名も浸透し名実共にそれなりの地位を確立していると言えそうな、ダーレン・アロノフスキー監督ですが、監督作品は「π/パイ」(1997年)を始め、「レクイエム・フォー・ドリーム」(2000年)、「ファウンテン/永遠につづく愛」(2006年)と今の所5本だけのよう。一見するとバラエティ豊かな作品群にも見えますが、個人的にはその全てが幻想を纏った世界観で大体に於いて“夢を追い続けたが故に夢に蝕まれる己の惨状”といった見方も出来る所が、ダーレン監督作の本質かあるいは癖なのではと受け止めている所です。今回劇場に足を運んだ「ブラック・スワン」も例外ではなく、精神的に追いつめられた主人公が抱く、自らの夢、母親の夢、そして変わりつつある自分の観る夢と、夢を抱き追い続けた親子の夢に蝕まれた末路が描かれ、ダーレン節ここにありと言った態でした。

まずはナタリー・ポートマンさんの絵に描いたような堅苦しい雰囲気が非常に無理している感を醸し出ていて非常に良かったかと。これは“無理して演技している”と言う意味ではなくて、我慢とか、背伸びとか、フラストレーションの塊のような、いつも首締められていそうな表情が始終続き、観るものも圧迫して来る感じの“無理している”方です。声のトーンもか細く、華奢で繊細そうなそれがかえって怖いくらいでした。主演女優賞は頷けます。

映像で特徴的に思えた絵面は人物背後から尾行するように撮影するスタイル。今までもカメラを俳優に括り付け接写すると言うそれに近い手法もあったのですが、前作「レスラー」から接写に秀でた感を受け、時に周囲の様子が手に取るように解る所や、人物の置かれている立場やら、取り巻く環境が一望出来るパノラマ感もありそうで面白いし、ある意味ダーレンマジックとも言えそうな気さえして来ます。監督の接写多用は「レクイエム・フォー・ドリーム」の時にジェニファー・コネリーさんにトイレで嘔吐させると言う場面で面喰らい非常に印象に残っていたのですが、「レスラー」を向かえ接写が独自の表現方法として目立ち始めた雰囲気で、「ブラック・スワン」ではバレリーナの回転から主人公目線を強調し、個人的には主人公の中に感情移入ならぬ強引な引きずり込みと言う形で閉じ込められた様な錯覚さえ覚えてしまい、展望から封じ込めと言うさらに踏み込んだ演出方法へ転化したのではと言う印象も受けました。一人称シューティングゲーム的とも言えますが演出として味さえ出せれば面白い描き方だと思います。

今回の参考にとWikiダーレン監督項目に目を通した時に「ブラック・スワン」と「レスラー」が姉妹作と言った位置付けだという事を知りました。実際「ブラック・スワン」を見終えた時点で「レスラー」に同じような場面があった事を思い出し女性版「レスラー」なのではと言う感想も持っていました。ハイになり予定をすっぽかす場面や、主人公が差し伸べられた手を振りほどいてしまった姿、締めくくる大ジャンプ等、両作に共通するシーケンスが多かったからですが、もともと「レスラー」と「ブラック・スワン」はひとつの企画だったと知れば、「レスラー」と「ブラック・スワン」を一括りにして考えてみてなるほど、「レクイエム・フォー・ドリーム」で複数の人物描写を同じ姿へと導き描き出した手法が思い出され、興味深くもなりました。

これもまたダーレンマジックかなと思う所で前作「レスラー」から受けた印象でもあり割と頻繁に取り上げられている説かも知れませんが、ダーレン監督は「レスラー」の際、俳優ミッキー・ローク氏の実際に経験した栄光と挫折から示される“俳優自身の持つ私生活から現れるキャラクター性”をも作品内に反影させ作品自体に一層の重みを備え付けたのではないかと感じた所がありました。今回の「ブラック・スワン」でも引退するバレリーナを演じたウィノナ・ライダーさんの登場シーンで“私生活でのキャラクター性”を重ねて来たのではと同じような印象を受けました。ウィノナさんも障害や問題を抱えた時期があったと言う話を耳にしていましたので非常に感慨深かったです。また、「レスラー」でももうひとりエヴァン・レイチェル・ウッドさんの黒髪イメージも脱既存的な雰囲気でしたし、私のような偏った作品しかなかなか観ない者にとっては優等生的なイメージしか無かったナタリー・ポートマンさん持つ“私生活でのキャラクター性”も実は主人公と重ねて来ていたのかもしてない等とも考えてもみました。もしダーレン監督が、そう言った“俳優達の持つ私生活でのキャラクター性”を重視し作品に魂を入れる演出として取り入れる事でさらなる重みのある作品完成をめざしていたとするならば、それこそ「ブラック・スワン」でニナが“現実と投影の混同”から自らをも翻弄する黒鳥の放つ邪悪を習得した“パーフェクト”という終結と重なるような気がして、ダーレン・アロノフスキー監督作の“完璧”をも観た気にもなって来ました。映画に俳優の私生活を感じてしまう事はよくありそうですが、こういった“作品を完成させる為に俳優の持つキャラクター性を封じ込める”といったニュアンスはダーレン監督以外の作品ではそう感じた事は無かったです。だとすると貪欲とすら思える凄まじいまでの“完璧”。それが意図していない結果だとしても兎に角はまり過ぎの様な気はします。


「ブラック・スワン」は物語としてはこじんまりとまとまった感のあるサイコスリラーでしたが、主人公の“体験”する鳥肌や変型が歪んで行く感じを巧く誘い出し変身ホラーを彷彿とさせた所が個人的には面白く、全体的には良かった印象です。こうしてだらだらと描き綴ってみると、ダーレン監督作品としては非常に面白い所ばかり(笑)。次作もダーレン節炸裂を期待したい所です。

PR


トップへ 忍者ブログ [PR]