忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
ブログ内検索。
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来の息吹を最後に…
ロメロ監督の思惑は果して…?!



当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧

☆2017年7月16日に肺ガンで
他界されてしまいました…
この世にゾンビを放ってくれて
ありがとう・・・
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
[10/17 snowman]
[03/12 snowman]
[01/06 snowman]
[12/28 ジェス・腐乱コ]
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)



衛星より受信、3日連続で三作放送となり久々に一気に見てみる事に。

◆資産家の夢でもあった恐竜公園。科学力を駆使し恐竜達を蘇らせ、
一大娯楽施設を建設中。視察に招かれたグラント博士ら4人は資産家の
孫2人も合わせ6人でジュラシック・パークを体感する事になった。所が
訪れる嵐と機械の不具合によって恐竜達の蔓延る原始さながらの大自然に
放り出されてしまい…


楽しめます、いつ観ても。怪獣好きだし。

1993年制作当時、恐竜の一部は鳥となって今なお存在していると言った
説が浮上し、ラストシーンで雄々しく飛ぶ鳥の姿に感慨深く感じたのを
思い出しました。恐竜の子孫達と暮らしているんですね、私達。
…先祖返りなんかしないのかな、鳥は。

本作で何が一番好きか言いますと、やはりT-レックスの暴れ回る姿に
尽きます。でかい口をバックリ開けて吠える勇姿。頭でっかちで後頭部が
猫みたいなのもそそられますし、その反面手が物凄く小さい歪なフォルム
もカワイイ。まるで口が裂けたかの様な顔のデザインのすばらしい事。
この当時は確かまだ最強肉食恐竜として君臨していたと思うのですが、
今となっては最強の地位を奪われ、しかもここ数年の説だと動きは相当
遅かったのではないかという話。したがって死肉を喰らっていたかも知れ
ないと言う説も浮上しハイエナの如き存在へと変化。この温度差は凄いで
すね。最近ではカラーリングも色とりどりでド派手だった説やら、なんと
頭から背中にかけて毛が生えていたんじゃないかって話にもなっていて、
私が子供の頃に憧れていた恐ろしくて強くてかっこいいT-レックスの姿
など微塵も感じさせないおかしな事態になってしまっています。もはや
私の理想とするT-レックスの勇姿は今後は見られなくなって行くのかも
知れません。誰ですか、毛が生えてたなんて言ったのは…(悲)。
手が短いんだから毛繕い大変じゃないですか!! 寄生虫なんてたかられ
たら、そりゃあもう一大事かもしれません。しかも動き遅いのなら苔
だって生えるかも知れないし…。

この先何処へ向かうのか、T-レックスよ。

☆以下、内容に触れています。

メスしかいない筈の恐竜達は欠けたDNAをある種のカエルのDNAで
補われた事から、そのカエルの持つ特性のメスだけならオスへと変容する
能力を受け継ぎまんまと繁殖という生存本能を開花。適応し生きまくって
ます、恐竜…もとい遺伝子組み換え型恐竜もどき怪獣。そんな脅威の怪獣
蔓延る怪獣島。
えらいもの拵えちゃったね、科学力。図らずともまさに
マッド・サイエンティスト態炸裂、そこもポイント高いでしょう。
畳み掛ける緊張感に娯楽性も忘れない演出はお手の物、流石です。

続きましては「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」へと。





PR
祝!! 「蠅男の逆襲」製作50周年記念
シリーズ3作品レビュー第3弾、最後を飾るのは「蠅男の呪い」!!
前作「蠅男の逆襲」から呪いを受け継いでしまった子孫達の凶行!!


>画像、捕獲DVDより。

☆以下、ネタバレありです。

巨大蠅頭から無事に人間に戻ったと思われたはずが
実は遺伝子レベルでは異常をきたしたままだった!!!

さて、この「蠅男の呪い」、シリーズで蠅男と銘打ってはいますが
あの頭が蠅と入れ替わってしまった“蠅男”が登場しません!!
いや、厳密に言えば前作で現われた巨大蠅頭男の写真が見られ
全く出ないとは言いきれない所なのですが、いつ撮ったんだろう!!
写真が存在するとなれば誰かあるいは何かが撮っていたのでしょうね。

転送機は近くの部屋に設置されているものではなく
すでに違う国に設置。密入国で捕まりそうになって
また転送機で帰って来たりと、一応の完成は見ている模様。
しかし、そこに至るまではかなり危険を伴った様で
肉体的な異常に悩まされています。

残された子孫は前作逆襲の蠅男を父とする息子とその孫兄弟で、
兄弟の兄以外の父親と弟が蠅の持っていた成長速度を
そのまま受け継いだらしく、特殊な薬を飲んで
成長を遅らせていると言った状態。

転送機の存在自体は人類の為と一応の大義はありますが
大発明には犠牲がつきものと言いきる辺り既にマッド気質で
案の定、人体実験を繰り返していて屋敷にはなんと実験に失敗し
変形した人間達が隠されていたりとかなり荒々しい雰囲気。
物語は全力マッドサイエンティスト状態に突入。

弟が行方不明者と再婚したばかりに次々と不信な現状が浮き彫りに
なり警察の捜査を受ける事になりそうだと、失敗した実験体2体を
転送機で他の国に転送し始末しようと企みますが、受け取る側の兄が
実験をやめたがっていて2体同時に送られ合体した異様な生物を見て
愕然。さらに弟は父親を警察に渡したくはないと転送機で国外脱出
させますが、しかしその先の転送機は凶行に耐えられなくなった兄が
実験にピリオドを打つべく破壊してしまった後でした。
あぁ、父親の肉体はいったい何処へ。
一人残された弟は逃げようと車へ乗り込みますが
薬が切れてしまい一気に老化が進んでしまったようで
その姿はミイラのようでした。

これで一族の呪いは終わったのかと、思った矢先
そこでエンドマークは現われず“Is this the end?”の文字。
これで終わり?と問いかけられるこの態が一番驚いたかも(笑)


ラストへ向けてのどんどんとおかしな方向へと突き進む
凶行し放題の破綻のかぎりはなかなかの唖然とさせてサスペンス。
やはりマッドサイエンティストものとして好みのシリーズでした。

ありがとう、蠅男。
その姿は見事だった!!
特に逆襲が。



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑宜しければ励ましのクリックを♪

12/17 フジテレビで同じくマーティンを主役に置いた
「ザ・フライ2」HD放送ありますね。
祝!! 「蠅男の逆襲」製作50周年記念
シリーズ3作品レビュー第2弾、「蠅男の逆襲」!!
とうとうやって来ましたよ、この時が!!
(…最近まで忘れていた事は内緒)


>画像、捕獲DVDより。
そうですか、50周年…50年も前にこんな素晴らしい作品が
生まれていたのですね。いろんな所でレビュー読みましたが
評判はすこぶるよくない(笑) こんなに素晴らしいのに。

科学に身を捧げた父を亡くし、それでも夢大きく生きようと
心に決めた幼かった息子が成長し、その志を胸に
亡き父の実験を完成させようと再び転送装置開発に着手するが…。


☆以下、ネタバレあり。

カエルのコはカエルしかり…蠅男の子もやはり蠅男なのか。
母親の死をきっかけに父親の実験を復活さてしまう息子。
資料は全部破棄されたと思っていたのですが、どうやら
研究を再開出来る程の情報を探し出せたようです。
父親は演劇を観に行っても、思い付いたら即どこでも記入の
科学者の資質(?)充分でしたから、もしかするといたる所に
自分でも気が付かないくらいの膨大な覚書があったのでしょうか。

その息子は実験費用が無くなると所有権を半分持っている
一族の会社の権利を売りさばくと叔父を脅し援助をしてもらう
体たらく。研究に没頭するあまり父親同様人間性の欠落が始まり
実にマッド化の兆し。助手へと迎え入れた男は金の亡者で研究を他人に
売りさばこうとする何をしでかすか判らない実はやばい男で
疑われると息子が蠅に異様な恐怖感を抱く事を知っていて、
息子と蠅を一緒に転送装置にかける意地の悪いこそくな手段を取る
有様が憎らしい。おかげで蠅男再び現るワケですが、その頭が
異様にデカイ!!!!! たまらないぞこの感性は!! 1作目で何故蠅の頭が
大きくなって融合したのかという疑問は機械による誤作動で巨大化と
言う荒技を描く事によって払拭。巨大モルモットに鼠四肢男(死体)も
登場し怪物話に拍車をかけます。すごいよ、なんて機械だ…
転送、融合、更には巨大化なんて事まで備わっている装置とは。
機械のやる事はわからないな。そして、ここからが逆襲蠅男の素晴らしい
所、自分をこんな目に遭わせたやつに復讐せんとやっつけに出掛けます!!
あのデカイ蠅頭の怪人が野を駆け丘を抜け闊歩する姿のまた悲しくも
猛々しい事!! 助手の知り合いがいると言う葬儀屋に潜伏し研究を
盗もうとした葬儀屋と助手に襲いかかり怪力で殺してしまったようです。
しかもちゃんと隠れながら人を襲う恐ろしくもかわいすぎる態が
いじらしいじゃありませんか。大好きだ、逆襲蠅男。
何故評価が低いのかわからない(笑) シリーズ中では唯一
“人間の姿”にもどる事が出来、なんとかハッピーエンドで
締めくくられればメデタシメデタシです。
…ほんと機械のやる事はわからないよね(笑)


あの蠅頭はもう現存していないのでしょうかね?
どんな着色されていたのでしょうか。フィギュアは緑の目なのですが
興味津々。きっとカラーリングもまんま蠅だったらいいなと想像して
います。と言うわけで捕獲フィギュアの画像(↓)も入れてみたりして(笑)

いやぁ、惚れ惚れしますね、帰って来た蠅男。
屈指のモンスターです。ありがとう素晴らしい映画。
おめでとう。祝50周年!!!

お次ぎは第3弾シリーズ完結(?)の「蠅男の呪い」です!!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑宜しければ励ましのクリックを♪
先日、TVをハイビジョン対応にして初めてHV受信で
「ザ・フライ」を観ました。劇場、ブラウン管と観て来ましたが
HVで観るセスの変化はそれ以上に重々しく伝わって来て
素晴らしかったです。特に剛毛!! 顔や体中にはえている細かい剛毛が
はっきりと確認出来る印象は個人的には感動ものでした。
そしてやがて現れる異様ながら猛々しくも悲しいあの姿…
劇場鑑賞時あの姿に号泣したのを思い出しました。
これはBD版で欲しくなりますね。DVDは未捕獲だったしこの際…。


…で思い出しました。

↑画像は「蠅男の呪い」のパッケージにあったシール。
「蠅男の恐怖」が2008年に製作50周年だそうでそれを記念してか
「蠅男の呪い」のまさかのDVD化で個人的に飛びついてしまいましたよ(笑)
…となれば、今年は「蠅男の逆襲」の製作50周年メモリアルイヤーじゃ
ないですか!! なにをかくそう「…逆襲」が一番好きな私ですから
勝手に記念して「蠅男」三部作を取り上げてみちゃいます。
「…恐怖」と「…逆襲」は新パッケージで登場している様ですね。
う〜ん「…逆襲」のこのジャケは欲しいかも(笑)


それでは参りましょう
祝「蠅男の逆襲」製作50周年記念
シリーズ3作品レビュー第1弾!!
…とは言え原作「蝿(はえ)」は未読ですけれど…(汗)


>画像、捕獲DVDより。

血まみれのプレス機に頭と左手を潰された死体、
夫を殺したと言う妻、執拗に探し求める頭の白い蠅。
夫の兄は謎を聞き出そうと弟の妻に真相を問いただすが…。


☆以下、ネタバレありです。

移動させたい物質を読み取り、原子状に分解して転送する装置を
発明した科学者。生命の尊厳を信じ動物実験などしないと
信じられていた、そんな性格の持ち主だった科学者がついには
飼っていた猫さんを実験材料にしてしまう科学力と言う誘惑。
マッドサイエンティストの誕生の瞬間、更には自分自身まで
実験材料にしてしまうと言うズレきった行動、
そして過信と誤作動が招いた悲劇。モンスタームービーとして
申し分無いシチュエーションが怖くもたまらなく魅力的。

小さな蠅がなぜ大きな蠅頭に?初めて観た時はそんな疑問も
湧きましたが、そこが理屈抜きに面白い所なので特に考えもせず
次作の「蠅男の逆襲」を観たら、なんとそこに答が!!(笑)
凄いぞ「…逆襲」。成る程、機械のする事は予測がつかないか。

複眼で見る沢山の妻の叫び顔、蠅に取り込まれそうな記憶、
これは相当きつい不安だろうなと、重々しい雰囲気の中、
科学者が最後に願った末路と成し遂げる妻の希望と愛の
複雑なコントラストがしみいる程秀逸で心揺さぶる。

蜘蛛の巣にかかって助けを求める人頭の蠅、蜘蛛に食べられそうで
確かにショッキングなイメージ。でも一番ショッキングなのは、
「助けて」って言ってるにも関わらず、それを大きな石で一瞬のうちに
潰してしまう、我を忘れた警部!!
愕然とするそのシーンが今観ても一番怖い。

全く色あせない傑作だと思います。

お次ぎはシリーズ2作目にして怪作「蠅男の逆襲」です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑よろしければ励ましのクリックを♪

>DVD捕獲。

「おや?、こんな所にウド・キアさんが。」 シリーズ第1弾(?)
一目見たら忘れそうにない面立ち、際立つ存在感、脇でも目立ちます。
そんなちょっとしたウド・キアさんあなたも見かけた事ありませんか?

本作には主人公の住むアパートの斜向かいのご近所さんとして、
製作中の頭だけロボ君と暮らし、怪しい雰囲気を振りまきます。
ランス・ヘンリクセン氏も出演していたりします。
お二人が気になる方は試しにご覧になるのもいいかも?

不安感を醸し出す雰囲気に乗せ、物語は近未来SFの様相で
ナノテクノロジーの多様性を思わせる小粒な1品。
とは言え、当ブログ的には来るべき未来社会に於ける
科学的ゾンビニュアンスの可能性を垣間みさせてくれて、
とても興味深かったです。ゾンビ自体は出て来ませんけれど。
及第点には微妙〜に及ばないかな…。
それでも個人的にはいろいろ考えさせられて楽しめました。

本編は吹き替え版ではなくオリジナル音声で見て欲しいですよね。
主人公の行く末のやられてる感は、耳に残るくらい奇妙。

☆以下、ネタバレありです。

ナノテク機械と言うのは、
聞きはするものの実際どのくらい実現可能なのか
まったく疎い私には見当もつきませんが、
本作はそれを実験段階ながら広告の為に用い、
洗脳あるいは操作して自意識を無きものにして、
同じ自社商品ばかりを買わせてしまうという発想は怖いかも。

しかも、ナノマイトと言う目に見えない物体が気付かないうちに
体内に入る訳ですから、ウイルスやら病原体と一緒ですね。
さらに人格を操る事が出来そうですから、人間性を失わせ
ゾンビのように徘徊させることも可能かな、とか考えてしまいました。
人なんか食べるように設定されれば、なおゾンビ。
ナノテクロボなんかは肉体の機能改善とかも
視野に考えられていると言う話もあったりで、
まさかの心停止後も活動出来る機能も備えてたりしたら、もう大変(笑)

話が反れましたが、試作段階のナノマイトが何らかの異常で
体外へと排出され体中から出血を始めたり、
同じものを買わされ続け、自分の行動の不自然さに
気が付いたものは殺し屋が近づき、脳を丸ごと奪われたりで、
ちょっと血なまぐさい部分もありでそれなりに楽しめました。

実験台にされたのが場末のアパートの住民たちというのも
なんか怖いなぁ。


科学の進歩に夢を馳せ、未来のゾンビ的ニュアンスにも期待!!



トップへ 忍者ブログ [PR]