忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
[01/06 snowman]
[12/28 ジェス・腐乱コ]
[10/22 snowman]
[07/01 ジェス・腐乱コ]
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像、チケット半券。
前回の記事はこちらに。


>画像、チラシ中面より。

先日再び府中市美術館に向かい「江戸の人物画」後期展示からチラシに
載っていた待ちに待った「蝦蟇仙人図」(右端中段)と「付喪神図」(左端)を
見に行ってきました。“三本足の蛙”は展示前期2点と後期3点の計5種
全部を見る事が出来ました。霊獣青蛙神、魅入ります。前回の記事で
スタンプになっていた三本足の蛙のオリジナルがいましてフォルムが
丸くデザイン的にもやたら可愛らしい雰囲気で良かったです。
不思議な存在感の霊獣もっと色々な種類を観てみたい。

後記展示で特に驚いたのは仙厓義梵の「髑髏図」でした。
筆でするりと書いたようなデフォルメされた髑髏と三日月の描写で、
髑髏の目からは伸び始めたばかりの松(?)が生えていて、左側には
作者自身の書き入れた“武蔵野の月 見るてもなけれ見ぬてなし”と言う
歌が綴られています。仙厓義梵の生きた時代は野ざらしの髑髏が
転がっているのも珍しくはない世界だったのかもしれないと思うと、
凄まじいやら傷ましいやら。そんな絵を拝みながら感慨深くも数歩進むと
今回も見られる円山応挙の「波上白骨座禅図」が追い討ちをかけてくるので
たじろいでしまいました。髑髏白骨息吹く骨 つつむ肉身いのちからがら。

さて今回の目玉、伊藤若冲の「付喪神図」です。
面白いやら素晴らしいやら。付喪神というのは古くなった器物に神様や
魂が宿るといった姿ですがこの絵の中にはまだそのままの湯のみと茶筅が
一つずつ描かれていて、付喪神達の表情は長い年月を経て保たれれば
やがては仲間入りをするであろう時が楽しみで仕方ないといった風にも
みてとれ、そう考えるとこちらまで楽しくワクワクして来るような空間に
引き込まれてしまいました。本当に素敵な絵です。

「江戸の人物画―姿の美、力、奇」展は5月8日まで。
詳しくは府中市美術館/府中市ホームページでご確認下さい。

▼おみやげに「付喪神図」の
クリアファイルと絵はがきを捕獲。

PR

>画像チラシより。(表紙面、裏面)

先日、毎年恒例の大國魂神社に咲くしだれ桜を鑑賞しに行きました。
神社の脇には府中市の施設などを紹介する案内所がありふと目をやると
蛍光オレンジの奇抜なポスターが目に入り見てみると、美術館のもので
「江戸の人物画」展と言う題があり、近くにそのチラシもあったので手に
取ると円山応挙の「波上白骨座禅図」が載っていて、これは是非見ておき
たいと早速、府中市美術館へ向かう事に。美術にそう詳しく無く調べ
たりもしないのでこう言った機会でもない限り足を運ばない私ですが
チラシ中面には「蝦蟇仙人図」と共にいる“三本足の蛙”や伊藤若冲の
「付喪神図」まで載っていて若干興奮気味でした(笑)


>画像チラシ中面展示物紹介/蝦蟇仙人図(右端中段)付喪神図(左端)

しかしながらチラシに載っていた「蝦蟇仙人図」と「付喪神図」は後期展示
の為見る事が出来なくて残念。チラシにはちゃんと後期展示と書いて
あるのに見落としていました(汗)。とは言え「蝦蟇仙人図」は別の作者の
絵が2点展示されていて後期とあわせれば計5点観られるようになって
いて感激。後期も是非行こうと思っていますので違った描き方の
“三本足の蛙”が複数見られ5点とは言え可愛らしい姿から勇ましそうな
姿まであって興味深く楽しいです。“三本足の蛙”というのは中国の霊獣
らしく風水では財を集めるとの言われもあり日本でも有名らしいですね。

さて「波上白骨座禅図」は凄かった。白骨が座禅姿で波間に漂う(?)姿が
描かれてはいます(チラシ裏表紙面右端参照)が、絵に込められた確かな
意図は明らかにされていないとの事。しかしながら不思議な絵です。
この奥行きや微妙に斜めの白骨の造形が見せる立体感が、ふと見るもの
を引き入れそうな現実味を醸し出して覗き込むのをためらいそうな気配。
頭蓋骨をよく見ると上顎が欠けていたり下の歯が無かったりとなぜそう
なったのかと想像してみたりもします。白骨と言えば死後を連想して
しまいがちですが逆に生を感じたいとも思いました。いやはや絵ながら
想像以上に凄まじい雰囲気でした。

他に展示されている絵画もあまり馴染みの無い作風や構成構図の
日本画も多く、怖かったり笑えたりもして感心しきりな時間でした。
興味のある方は足をお運び下さい。

帰り際に三本足の蛙のスタンプを発見
したので記念に押して来ました(笑)


続「江戸の人物画」展


因に大國魂神社のしだれ桜はまだ半分くらい蕾がある状態でした。























>画像、チラシ/半券より。

また展覧会の感想です。
本筋からは離れますが、こう見えても一応は間違いなく主に
死を題材にしたブログなので機会があればこう言った
ニュアンスも扱って行ければと考えています。

公式ホームページ→「稲垣仲静・稔次郎 兄弟展
10月24日まで、練馬区立美術館にて。

チラシにもあります猫の絵、このどこかで見た事ある気のした
一枚の「猫」の絵…作者が稲垣仲静氏とその名を知ったのは
つい最近の事、テレビ東京で放送された「美の巨人たち」で
取りあげられていたからでした。正直私は美術に詳しくないので、
そう言った機会でもない限り情報は入って来ないのですが、
個人的に猫好きな事もあってか、この「猫」が気になって
番組を見てみようと思い軽い気持ちで鑑賞していた所、
番組が終わってみればずっしりと重い存在感の虜に
なっている自分に気が付きました。

番組の最後で東京に仲静氏と彼の弟で人間国宝の稔次郎氏の
兄弟展が行われている知り、行かずにないられなくなり、
練馬区美術館へ向かいます。

24歳で病に冒され亡くなったとの事ですが、
その短い生の中で拵えた絵画、素描は緻密な洞察力と感性に
裏付けられた圧倒的作品群で、正直面くらってしまいました。
素人の私がそう言っても説得力は無さそうですが
そんな私でもただ一言、「物凄い」と震えが来るくらいの衝撃
を受けた事は明らかです。

チラシ画像の「猫」をご覧になってもお判りの通りふっくらとした優しい
温かな温度を感じる作品も多い中、その真反対側に位置する
闇深く硬質的で痛々しげな温度の低い作品達もまた素晴らしかった。
「美の巨人たち」の放送内でいくつか取りあげられていましたが
目の当たりにするそれらの作品群は凝視せざるを得ない程の
圧倒的存在感で脳裏に入り込んで来ます。

私の目が釘付けになったいくつかの描写。
侵蝕と傷と死。私にとっての仲静氏の絵画の主役はそれでした。
「鶏頭」「菊」と言った植物に見る虫食い跡や枯れ行く葉、
「軍鶏」の戦いの血のにじむような無残な跡、
「雛」に喰われる虫、虫、虫…
見かけはいいものではない筈の事柄をありのままに描いている姿は
犠牲によって生が成り立っている事実を知らしめ、さらに
“鳥達の骸”からは、死を描いていながらもかつて生のあった事実や
今にも倒れ込みそうな“痩せ細った様に見える猫”からは、
生がなおも侵蝕して来る“果て”から抗っている姿を
刻み付けている気にもなって来ます。
奇しくも「死せる雛」に記された雛が傷を負わされ
殺された日付は私の誕生日でもあり、また感慨深くもありました。

日常生活に於いて普段よく目にしている筈の、
虫食いの葉や細菌に犯され枯れ始めた葉、小動物たちの傷や死骸が
描写という形に現されると、そこだけがクローズアップされる不思議な
感覚。自らを自然派と称しありのままを描く根底にはそう言った
意味合いも含まれているのではないかと思えてしまう。
そう感じたのは私だけでしょうか。
打ちのめされました。感服です。

凄まじい方が存在しています、ここに。

「猫」のあと追いかけ、おかげで知り得た果て。
導きに感謝したい…「猫」に。


ららぽーと豊洲内に在りますギャラリー
UKIYO-e TOKYOで開催された浮世絵展「納涼 妖怪・化け猫」。
浮世絵には全く詳しくなくても妖怪ともなればこの目で
間近に見たいというもの。かの有名な「源頼光公舘土蜘作妖怪圖」を
見る事になりその迫力には圧倒されました。

猫に変化と巧みに描く歌川国芳をはじめ
歌川芳虎、歌川国貞(三代目豊国)、月岡芳年、他が彩った
41点の浮世絵たちは幽霊、化け猫、鬼、河童、化け狸など姿を見せ
更に「死絵(しにえ)」と言う人気役者が亡くなった時に刷られたものには
役者が演じた芝居に縁ある妖怪たちまでが別れを惜しむ姿も見られ
こわい話が昔から親しみの在るものとして親近感を感じられもし、
楽しく、ちょっと悲しく、素晴らしい浮世絵たちでした。

開催は8月3日から8月29日まで。
……しまった、今日までですね(苦笑)

来年も会いたいな。今度は小冊子作って下さい。


>画像、帯び付き表紙より。

知らない事だらけです。
人間がいる限り続く創造という解き放たれた技に
ただただ魅了されてしまう。金儲け、信仰、生活の為…
生きる術が爆発した、特別な場所、奇界。

現世に出現した別世界。
地獄の沙汰、魑魅魍魎跋扈、
ミイラ、重なりあう骨、見る大小の死体、業、
神話、様々な神々。
この世とあの世、天国に地獄。

人在る所、想像=創造あり。
思え、考え、拵える。
赴くままに。

帯で語られた、漫☆画太郎先生の言葉は本当だ。

力が漲った。
素晴らしい本です。
面白いな人間て。

この脳味噌さえ在れば世の中退屈はしない筈。



>画像、「医学と芸術展」案内配布物より。

ダヴィンチの書き残したメモや
昔の医療器具の展示されている映像が
TVで紹介され興味を持ち向かいましたが、
予想外に死がそこかしこから顔をのぞかせる展覧会でした。


2月28日で終了との事なので行ってまいりました、医学と芸術展
興味深い品ばかりで非常に有意義な時間を過ごせました。
今程医術の発展無き昔の人々が描いた医学に通ずる絵画やメモ、
昔の手術用具に医療機器、筋肉や内臓の構造の模型、義手義足等の技巧、
そして医療や生命を主題にした芸術作品が展示。どれもが感慨深く絶品。
「鉄の肺」の現物は映像で見た以上に感慨無量。

中でも圧巻なのは「どこからでもない議論」と名付けられた
59.5×243cmの乳白色の帯状の作品で人間の頭蓋骨をサンドペーパーに
2週間擦り続けたというパネルとその製造過程のドキュメント映像。
人間の死の中のひとつの末路が目の前に“展示”されていると言う
本物感は身震いした。

さらに「ライフ・ビフォア・デス」シリーズの死の際に立つ人々の
生前と死後のモノクロ写真に込められた魂を垣間みれば、
「ゲーム・ボーイズ・アドバンス」なる一見すると子供2人が
携帯ゲーム機で遊んでいるいち風景の等身大人形が、
よく見れば老人のように皺だらけで、クローン技術での、
採取した細胞の劣化情報までも忠実に秘めていた驚きを再認識させ、
「ヴィクティム・レザー:テクノサイエンス的【身体】で育てられた
縫い目のないジャケットのプロトタイプ」と言う作品では
人の細胞培養から自らの服を作れば動物を殺す必要もなくなるだろう
と言った意味を込めた終焉的生産技術の結実を夢見させて来る。

終盤では遺伝子組み換え作品蛍光ウサギ「アルバ」の醸し出した
物議を取り上げ、生命体の作品化と医療進歩に於ける動物実験での
命の線引きについて考えさせられたりもした。

それぞれ素人考えながらの個人的感想ではありますが
その充実感は計り知れなかったです。

今展示物は平凡社から出版された
医学と芸術:生命と愛の未来を探る」として
書籍でも堪能出来ますので興味のある方は
ぜひお手に取ってご覧下さい。


>画像、森美術館プログラム表紙


トップへ 忍者ブログ [PR]