忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)

Halloween II (2009) [Soundtrack]

>画像、捕獲CDより

前回のついでと言ってはなんですが「ハロウィンII(2009)」の
サントラも捕獲しました(笑)。今回もタイラー・ベイツ氏が
一曲入っていましてそれ目当てで。とりあえず公開前にセリフ無しの
方(右画像)を捕獲。セリフ入りは公開が決まってからと決め保留して、
ようやくの日本公開も決まり、勇んで買いに行った某外資系ショップ。
店頭にはセリフ無し盤しか見つからず。取り寄せ出来るか調べて
もらったのですがセリフ入りは生産中止で品切れと言われてしまいます。
諦めきれずネットで調べてみる事になったのですが、そうしたらなんと
タイラー・ベイツ氏の「ハロウィンII」のCD-Rスコア盤の存在を知り、
方々問い合わせて捕獲成功。手に取り聞いてみて目頭が熱くなり
ました(笑)。のち、劇場公開で作品を観た後にセリフ入りを発見し
捕獲とあいなりました。めでたしめでたし。

こんな事ならはじめから両方買っておいて聞かずに待っていれば
良いのに?…いや、今回はスコア盤の捕獲にあたっての
お導きだったに違いない(笑)

劇中の架空バンド“captain clegg and the night creatures”の
楽曲はかっこいいですね。アンレイテッド版の「LOVE HURTS」の
使われ方が合い過ぎて合い過ぎて…(悲)
未見の方は是非アンレイテッド版もご覧になってみて下さい。

PR
HALLOWEEN(2007) [Soundtrack]

>画像、捕獲CDより

前回のついでと言っては何ですが「ハロウィン(2007)」のサントラも
捕獲しました。あのメインテーマをタイラー・ベイツ氏が手掛けていると
あっては、まず捕獲せねばなるまい(笑)と日本公開を待たずに
セリフ無し盤(左画像)を捕獲。やはりセリフ聞かない方が後の映画鑑賞の
際よさそうだし。ジョン・カーペンター監督のあの独特の緊迫感を煽る
傑作テーマと挿入曲の2曲がベイツ氏のノイジーな構成により見事な
コラボを果たしていて唸る程満足した作品でした。素晴らしい。
タイラー・ベイツ氏は「ドーン・オブ・ザ・デッド(リメイク)」で
オープニングのスケール感が気に入って「300」で感動。
さらに後に観た「The Devil's Rejects」の音楽は傑作中の傑作扱い。
そんなお気に入りのスコア連発のタイラー・ベイツ氏が
カーペンターサウンドのアレンジとくれば
私にとってはまさに夢のコラボの実現でした(笑)…感服。

他には洋楽に詳しくない私でも知っている
KISSさんにイギー・ポップ氏、アリス・クーパー氏の
楽曲が収録されていました。さらに「Mr.サンドマン」と言った
ファンにはお馴染みの曲のカヴァーも嬉しい仕様ですよね。

で、2008年ようやく「ハロウィン」リメイク版公開。
そのあまりの出来の良さと痺れ具合に勢いで即セリフ入り(右画像)の
サントラを捕獲していました。ルーミス博士の講演に於ける「悪魔の目」に
始まり映画を記憶から呼び覚ますセリフが次々と。
そして最後は映画と同じ「◯◯!!!」で終曲に突入。鳥肌経ちました。
“観賞後に捕獲の際”は迷わずセリフ入りをお薦め致します。
サントラの面白い所は仕事中に聞いていても映画を観ている
気になれる所にもありますよね。そんな感じで楽しんでいます。




HALLOWEEN II [Soundtrack]
>画像、捕獲CD-Rより。

来る6月19日より公開されます、「ハロウィンII」。
そのサウンドトラックがこれ!!
本国ではCD-Rで発売されていて
日本でも限られた輸入盤サントラ取扱店で入手可能です。

いや、もう完璧です。素晴らしいです。
だって「300」「デビルズ・リジェクト」の音楽を手掛けた
私の大注目のタイラー・ベイツ氏ですからね!!(笑)
前作のサントラはV.A盤でタイラー・ベイツ氏はテーマ曲のみ収録で
オリジナル・スコア聞きたいと思っていましたが
ようやく念願かなったという感じです。

カーペンター監督のオリジナルテーマはラインを継承しつつ
さらに奇抜さをまし、それ以外もメロディーとは言い表せない
ノイジーな奇怪音に拷問のような耳当りの悪さ!!
決してけなしているわけではありません。
褒め言葉です!! 破壊力抜群です!!
これです、これ!! 私の聞きたいタイラー・ベイツ・サウンド!!
The Devil's Rejectsのサントラ以来の興奮です。
これ聞いていると具合悪くなる人いるかも(笑)

かと言って普段の生活の中の騒音は嫌いです。
喧騒の無い静かな場所で暮らしたいです。
時計の秒針の音が聞こえるだけでも眠れません。
なので寝るときは必ず耳栓をします。

あくまでも不安をかき立てるホラー要素としての音楽。
そんな音達の響き渡る本編は一体どんな世界が。
この目で確かめて来ようと思います。

30 Days of Night [Soundtrack]

> 画像、捕獲CDより。

いやぁ、なんてサントラなんだ…。
 
非常に耳当りが悪い!!(笑)…とは言っても褒め言葉なのですが。
映画「30デイズ・ナイト」自体が様々な嫌悪感の羅列で精神的にも視覚的
にも嫌ぁな雰囲気が漂い作品の見せ所と認識しているのですが
そのサントラを聴いて驚きました。音まで耳障りを意識していそうな
作りだったとは。どうりで映画も嫌悪感あったわけです。

…何で捕獲したのか?
それは気に入ったから捕獲したのですけれど(笑)
 
劇場での印象はここまで耳が痛い程のノイジーな印象は無くて
研ぎすまされた硬質感がかっこいいと思っていたのですが
これはしてやられた感でいっぱいです。
 
 
黒板を爪で引っ掻いたり…
 
金属のパイプでコンクリの壁を叩いたり…
 
室外機の前に座ってモーター音ずっと聞いていたり…
 
 
そんな感じなのです、このサントラ。
実際の騒音は当然心地悪いですが、サントラに関しては割と
ノイジーやら具合の悪そうな音作りのものが好みだったりします。
…が、ここまで正直な騒音に近い作りは初めて出会ったかも。
映画の世界観に一役買っているのは間違い無しでしょう。
そう言った意味でもサントラとしても傑作です。見事。

30 Days of Night (Score)[amazon]






================================
2010/10/13
以下の記事は削除した別ブログからの転載です。
================================

The Dark Knight [Soundtrack/Special Edition]

>画像、捕獲CDより

前作「バットマン ビギンズ」は個人的にかなりお気に入りの
仕上がりで現実味を帯びた物語の展開が説得力を思わせる秀作。
悪に対してのバットマンの存在定義なんか痺れますし、
スケアクロウのああいった登場の仕方に物足りなさを感じる方も
多いと思いますが、あえて化物じみた悪役を登場させない所が
個人的には逆に良かったと思っています。
「…ビギンズ」のサントラは重厚な雰囲気を醸し出していましたが
印象は薄かったので捕獲はしなかったのですが、
何故か今回は公開前にどうしても
耳にしたくなって一足お先に捕獲しました。

デジパック仕様、カード3枚入り。
ジョーカーの登場で「最凶の敵」と謳われていますが
今作のサントラも何だか禍々しいです。
サイレンのような警報音にも聞こえるオープニングから始まり
聞いているとだんだん威嚇されている気分になって来て
随分と攻撃的な印象。と、言いつつも抑揚も情緒もコントラストが
美しいです。歪んだ雰囲気も個人的には好きな音なので
かなりお気に入りのスコアでした。
本編ではどう使われるのか期待が高まります。

今回の映画の大注目はヒース・レジャー氏のジョーカーですね。
当初ヒューゴ・ウィーヴィング氏もジョーカー役として
名前が挙がっていたようで、嵌り過ぎじゃないか?…なんて
憶測したりもしましたが、ヒース氏に決定して
優しい面立ちの彼がどう変貌するのか、期待に不安と
クリストファー・ノーラン監督は男前が好きだなぁ、
などなどといろいろ考えたのですが、
ヒース=ジョーカーを初めて観た時
あまりの気味悪さに寒気がした程でした。

…泣くかも。



トップへ 忍者ブログ [PR]