忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
[01/06 snowman]
[12/28 ジェス・腐乱コ]
[10/22 snowman]
[07/01 ジェス・腐乱コ]
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>衛星より受信。

この所、恐竜やら翼竜やら綴って来ましたがついでにドラゴンでも。
大人から子供まで楽しめそうな一般向けCGアニメですが、
ドラゴンの大怪獣ぶりがなかなかに恐ろしく映ったので記しておきます。

[極めて危険、見たら殺せ。]

劇中で紹介されるドラゴン達に対する人間の心得。相当な害獣扱い。
伝説の生物とされていますドラゴン達がこのバイキングの住むの島では
所狭しと大暴れしていました。アニメとは言え、村を襲いまくり暴走する
凄まじさと狂乱の恐ろしさは怪獣映画さながら。ドラゴン達も個性的で
一匹だけではなく多様化した種と体の模様は美しいくも禍々しい姿に見え
見事な存在感を示していると思います。

◆バイキングにとってドラゴンは昔から戦い続けている恐るべき敵。
失敗続きで島中から疎まれているヒックは、村を襲い来るドラゴン達
との戦いの最中、秘密兵器を持ち出しドラゴンに向かって投石。しかし
何かにあたった手応えを感じたのみで証拠もなく、誰にも信じてもらえ
ない。明くる日、それを証明する為に何かが落ちて行った方向へ落下物
を確認しに向かった所、そこで見つけたのは…


☆以下、内容に触れています。

ドラゴン達に、個体別に現存する生物の行動パターンを取り入れ、
現実味を加味していながらもドラゴン色を損なっていないアレンジは
面白い。火を吹く姿も猛々しいし、直接描写ではありませんが人間側には
手や足を失ったり命危うい場面や代償といった犠牲もしっかりと捉え、
本質にはドラゴンも人間も互いに危険な生き物とする含みもシビアながら
も良かったです。

最終的にはドラゴンと少年は絆を深め共通の敵に挑む事になるのですが、
その敵とする巨大ドラゴンの描き方も素晴らしい事!!。人間が大変な思い
をして戦って来たドラゴンなど色あせてしまう程の獰猛さと凶悪な雰囲気
に巨体で空を飛ぶ様は2Dでも見事でした。



>画像、捕獲コンセプトアートブックより。

ナイト・フーリー、モンスター・ナイトメア、グロンクル、デッドリー・
デンジャー、ダブル・ジップ、テリブル・テラー等々、あまりにも
ドラゴン達が素晴らしいので「The Art of How to Train Your Dragon
なるアートブックを捕獲。ある意味ドラゴン図鑑と言えそうな見応えと、
恐ろしさ際立つも美しい島の風景や、バイキング船の造形細かい描写も
見ていて飽きない程。個人的には超楽しい一冊でした。

そういえば子供の頃ドラゴンに乗るのが夢だった。羨ましいぞ、ヒック。
飛翔感に内容と大満足の出来。怪獣好きの方にも試して欲しいです。





PR

>衛星より受信。

年末ですね。大掃除を兼ねてのビデオ整理していたら随分と前に
WOWOWで放送された「大怪獣襲来[完全版]」を録画したVHSが出て
来ました。放送当時(5年位前?)私は初見。日本でその昔公開された
のは43分の短縮版で、後にタイトルも「大怪獣メギラ」に改題され
公開との事。2008年に発売になったDVDには[完全版]に変わってか
[世界最強怪獣メギラ登場!]と表記があります。日本を代表する
大怪獣程の大きさはありませんがその姿は独特で、DVDパッケージでも
確認出来ますが簡単に説明しますと、顔つきは髑髏を思わせ口元は
昆虫の牙の様なものが生えている印象、体は芋虫の様で背中には
大きな殻を背負っています。メギラと名付けたくなるのも解るくらい
目が印象的です。この怪獣も2代目蠅男と同じくカラーリングを
ものすごく知りたいです。(参考画像海外サイト)

カリフォルニアのソルトン湖に浮かんだ船は、近隣にある海軍基地に
「湖に着水した筈の訓練中の軍人の行方が判らない」との連絡を入れたきり
音信不通に。確認に向かうと船からは干涸びた死体が横たわって発見
され、原因究明を急ぎ湖底を調査する事になったのだが、ソルトン湖の
南では極秘に原爆実験が行われており、ダイバーは湖の底でこの世の生物
とは思えない恐ろしい怪獣の姿を目撃する!!


☆以下、内容に触れています。

ソルトン湖にほど近い場所で極秘に行われていた原爆実験で汚染されて
いる水が地震の影響で湖底に入った亀裂に流れ込み、地下で眠っていた
古代生物の卵がその水を吸収。ふ化したその姿は伝説の怪獣クレイカと
同種ではないかと言う結論に。クレイカは巨大海獣で軟体動物の祖先
との事。放射能の影響で蘇ったとは言えクレイカって古代生物でもあり
貴重種なんです。動きはのろいのですが、そののそーっとしている間が
怖い。そりゃあ目の前に見た事のない面構えがにゅ〜っと現れれば卒倒も
しそうです。捕獲した生き物の体液を吸う以外は攻撃力も突出してある
わけでもなく、水門に挟まって死んでしまったり、海軍さんに見つかって
しまえば爆弾を仕掛けられあれよという間に壊滅状態に。捕獲した玉子
から孵った最後の一体と思わしき存在も蒸気をあてられ蒸し焼き攻撃
され、銃弾を浴びせられ死んでしまいました。かくして特異な風貌を
もった幻の生物クレイカはあっという間に滅ぼされてしまいます。
さぁ怪獣も退治したしめでたしめでたしで、湖が遊泳禁止になって
寂しい思いをしていた子供に「もう泳げるよ」とあっけらかんと告げます。

…水、汚染されているんですよね?

怪獣出現の警告を民間人のパニックを警戒し、原爆実験よろしく
これまた極秘で処理したお偉いさん方は、この先何が起ころうとも
極秘処理。絶対に真実は口にはしないし、発表すらしないと言った
事なのでしょうか。…それ実際問題ものすごく恐ろしかったりもします。


幻の生物クレイカ(和名メギラ)、その凄まじい存在感を感じて欲しい。
やはり人間の産物の影響で生物に変化が乗じたとなれば惨たらしい事。
酷いよ人間。…でもあくまでも“劇中でだけ”なら、どんどん突然変異
発生物質垂れ流してほしいですよね。怪獣好きには。
そこ警鐘です、警鐘。

因にソルトン湖は現在、死の湖と化しているらしいです。

クローバーフィールド公式HP


Get More CloverField Trailers at TerrorFeed.com


>画像、チラシより。劇場鑑賞。

内容が内容だけに確かに多くを語れないですね。
どう見るか、見る人のスタンスで印象が変わってしまいます。
私は劇場で観てよかったと思いました。
因に同行してくれた方は画面酔いで具合が悪くなって大変な事に…。
そこは、ホントに注意した方がよいです。

「クローバーフィールド事件」後に
かつてセントラルパークと呼ばれていた場所で回収されたカメラに
収められていた、85分足らずの映像を目の当たりにする…。
その現場で刻まれた人々の混乱と惨劇、
そして謎の巨大物体の猛威の記録映像。


平穏な日々を過ごしていた人々の生活は
異常事態へと塗り替えられ、そして待ち受けるのは
一体何が起こってしまったんだ!!…と言う疑問。

録画している逃げ惑う人々には謎の解明は困難。
記録映像としてしっかりと役割を果たしています。
かなり入り込めたので、そこも評価にいれて軽々と及第点はクリア。
いろんな意味で結構怖かったし。
たぶんDVDには多くの映像特典が入りそうなので期待。

事件後、研究チームが発足されるはず。


トップへ 忍者ブログ [PR]