忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[322] [325] [320] [321] [319] [318] [317] [315] [312] [313] [311]
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像、チラシより。

得体が知れず不気味で曖昧な存在だった旧シリーズの
マイケル・マイヤーズを、リメイクした前作で現実味を帯びた
殺人鬼へと変換させ蘇らせてくれたロブ・ゾンビ監督が
再びメガホンを握り再登場させたブギーマンはより強大な
パワーを持ってローリーを付け狙う恐怖の権化だった!!

私は前作のレビューで直接の続編でなく新たな切り口で続きが見たい
と記していましたが、直接の続編だからこそ感じられる恐怖を
新たな切り口として見せてくれたロブ・ゾンビ監督にまたもや感服。

これでもかと言うくらい人体を攻撃しまくり
ザクザクとグシャグシャと散って行く生命の脆さが際立ち
ロブ・ゾンビ監督の恐怖がボロボロとこぼれ落ちるような
カットワークは健在で痺れる。

グロではないけれど、かなりサディステックな映像で押し切り、
前作の事件後の惨たらしい惨状や少女達に残る傷跡まで描く
余韻的恐怖も忘れない。前作の恐怖もしっかり画面に
刻み付ける感性、これには恐れ入りました。
やはりなにか違いますね、この監督のビジュアルは。

☆以下、ネタバレありです。

つなぎにゴムマスクの出で立ちが あまりみられないので
これは「ハロウィン」かと疑問に思う方も多いと思いますが
1作目もトレードマークのゴムマスクは子供の頃の自宅3人殺しの時と
後半の脱走後だけなので1作目から通して考えると、
幼少期、青年期、そして今回は成熟期と三部作的構図も見られ
ロブ・ゾンビ監督的マイケルの全容を見ると本作もそう
違和感なく感じます。

今回のマイケルはマスクが半分剥かれ本来の顔をのぞかせ
人間味をさらに強調した感にも見えますが、その実
前作で一悶着あったローリーとの接触で、より家族を重んじ
血筋レベルで共感してしまったのか、精神性を発揮。
ローリーの悪夢として登場しまくり、死んだと思われても決して
離さず逃がさない。これは劇中での新たな恐怖として示したもの
ではないでしょうか。

夢や幻想的なニュアンスに現実感を見出せるかが
今回の要でしょうか。前作で施設に入れられた子供の頃の
マイケルに、職員役のダニー・トレホ氏が語りかけた言葉が
気になって来ます。それは吹き替え版ですと
壁なんか忘れろ。お前の頭の中で生きるんだ
そうすればお前を邪魔する壁など消える。

と言うもの。本作の幻想的なシーンと結びつきそうで興味深いです。

やがてマイケルと同調し始める様子を見せるローリーに
彼女の夢の部分も現実に起きた事のように思え始め、
犬を喰らったマイケルの舌の味をも感じてしまった様子だったり、
マイケルの記憶の踏襲的な殺人シーンの幻覚も見られもし、
肉体はおろか精神まで攻撃して来たと言えそうな
新しいマイケル像をまたもや構築して来たのではないかと感じました。
肉体的暴力を受け、さらには精神をも蝕んで来る恐怖漬けの生活は
私には想像も出来無い程の恐ろしさでしょう。

自らの顔に刻まれた惨劇の傷跡。恐怖。
自分の中に“殺人鬼”がいる。恐怖。
そして知るマイケルの妹という関係性。恐怖。
逃げても逃げても、泣き叫ぶローリーをあやしたがる優しい兄の様に
現れるマイケル・マイヤーズ。恐怖。
次々と無残に殺される友達たち。恐怖。
現実と幻の混在するローリーのリアルは次第に隙間無しの恐怖ずくめ
となり、考えられるだけ詰め込んだような逃げ道無しの恐怖は
考えただけでも恐ろしい。

惨劇を受けかろうじて生きながらえたアニーの
再び受けた残虐行為も想像を絶する恐怖感を放っていた。

夢なんかじゃない。
幻なんかじゃない。
全てはその身に確実に感じた事。
私は見ました…ローリーの恐怖に挑んだその瞬間を。
そして、攻防止まぬその行く末を。


恐怖対象として深みを増したマイケル・マイヤーズを
どう捉えるかで評価が二分しそう。
ロブ・ゾンビ監督の演出が好きなのでこれはこれで良作の印象でした。
前作程の緊迫感はないものの、それぞれに示した恐怖感は
積み上げられる度に膨れ上がる印象で
ホラー映画としては上質に感じました。

前作同様アンレイテッド版も収録の上
ブルーレイで出して欲しいです。お願いします。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑宜しければ励ましのクリックを♪

因にタイラー・ベイツ氏が手掛けたサントラCD-R
耳当たりの悪い奇怪音も痺れるノイジーな傑作でした。
こう言った音楽も映画に気味悪い印象を与えて素晴らしい。


PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
この作品は、
凄く楽しみにしてます。ゾンビ版の『ハロウィン』はかなり評価してますし。内容的にも私好みの感じがします。DVD出るまで観れませんが…(残念!)
フウイン URL 2010/07/05(Mon)20:40:48 編集
>フウインさん
私は凄く良かったのですけれどね。
いろいろWEB見て回っても好評価はそう見かけませんが…
ロブ・ゾンビ節炸裂なのは間違い無しです。
ラストも意味深ですし…DVD化の際にコメンタリー
あれば聞いてみたいです。
カボチャスキ 2010/07/05(Mon)22:07:11 編集
ブギーマン
こんにちは。
私は再ハロウィンは、ロブ・ゾンビをデビルズ・リジェクトで知っていたのですが映画館もDVDも未見です。

今回、カボチャスキさんの恐怖への記述が絶妙なので、興味持ちました。「恐怖」、この言葉の意味を色々語りたいところですが。ホラーとかゴアなどの対象括り以上に、人間本来の持っている深層心理、感性を毟り取剥がされるような感じ?です。(うまく伝わるとイイですが)
観たいリストに入りました。
ゼブラ URL 2010/07/16(Fri)11:04:20 編集
>ゼブラさん
こんにちは♪
未見でしたら初見はハロウィン一作目のラストのインパクトが痺れますので余韻に浸ってから数日間を空けて続編のハロウィンIIをご覧になる方が宜しいかと。他の方は分りませんが私にはボロボロと恐怖のしずくがこぼれ落ちて来るように見える気がするんですよね、ロブ・ゾンビ演出って。特にIIは直接描写以外に間接的に画面に刻み付けて来る暴力演出がよくてとても面白かったです。この辺が人によって受け取り方がまちまちで評価が分かれる所だと思います。早くソフトが欲しいです。
カボチャスキ 2010/07/16(Fri)23:29:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]