忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[311] [310] [339] [308] [307] [306] [458] [304] [305] [303] [302]
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像、捕獲DVDより。(右は旧版)

今回装いも新たに登場しました特別版DVD。
個人的に何が素晴らしいかって全てと言いそうなんですが(笑)
特に特典ディスクで撮影時のフルフレームフォーマット版を
収録してくれている所でしょうか!!

旧版のDVDに収録されているものはブラウン管TV画面用4:3に
トリミングしてあるものだと思い込んでいましたが
フルフレームフォーマットが4:3だったんですね。
私はVHS版は持っていませんのでそちらとの比較は出来ませんが、
旧DVD版とどこか違うのか見比べて見ると
オープニングのクレジットの形状が違っていたり、
旧DVDでは見られないカットやスロー編集されている場面があったり、
特に後半のキャシーが防護服達に囲まれるシーンの辺りから
ワッツ博士の階段シーンまでのトリミングが激しかったりと
印象の違う編集のされ方で、旧DVD版の編集にロメロ監督が
どう関わっていたのか、その辺気になって来ました。
ご存知の方、いらっしゃいますか?
とにかく良かったですフルフォーマット版の隅々まで見られた感。
おかげで旧DVD版もヴァージョン違いとして面白くなりました。

前回、旧DVD版のレビューを書いた時はブログをどう展開して
いいのか試行錯誤の最中で走り書き程度で締めくくりましたが
最近当ブログも思い込みぶりが板について来たようなので(笑)
改めて考察していきたいと思います。

火事の通報で消火活動に出向く消防隊。放火した男は
その家に住む男で、大人しいかと思えばわめきちらしの変貌ぶり。
そんな中、軍隊がこの町にやって来て何かが始められていた。
町で何かが起きている。住民達は突然不気味な防護服姿の軍隊によって
集められ、緊迫した異常な事態に発展。軍の手伝いとして呼び出された
女性の看護士は秘かに抗生物質を持ち出し婚約者と町から
逃げ出そうとするが…


☆以下、内容に触れています

「ザ・クレイジーズ」を初めて見終えた時に真っ先に浮かんだのが
「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」や「ゾンビ」との相対する存在感
でした。「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」で動く死体を描き、
すでにゾンビの行動は“本能”によるものだと定義付けていた感のある
ロメロ監督が、相反する存在を自らが産み出したのが
このトリクシークレイジーズの様にも感じました。

生きている人間のウィルス感染による“思うがまま”ゾンビの発現。
(ゾンビという表現は人それぞれ取り方があると思いますが
当ブログでは人間性を失った存在も括っていますのでご容赦のほど。)
片や“本能”と言う思考に頼らない行動によって死者が人間に迫る姿に
片や相手見境なく“思うがまま”に体が動いてしまう行動によって狂人が
人間に迫る姿…相反しながらも共に欲求という形で人々を混乱に導く
この両極とも感じらる位置付けも面白いと思いました。

後にロメロ監督の描き出すゾンビ達は思考し始めるわけですが
“思い”のままに人々を殺しまくるとなれば生きていても死んでいても
これはもう存在としては同等とも言えそうな気もします。
このクレイジーズの、自分の“思い”だけに支配され人間性を失う様は、
“思い出”や“記憶”によって行動するゾンビ達のそれにも匹敵しそうで
相反する存在を描きながらも“思考”を思わせる一致もまた非常に
興味深かったです。

思うがままの行動が状況にそぐわなければ異常。
いわゆる“人間”が成立するのは個ではなし得ない反面、
他や道徳、常識、法律、規則と言った状況に
個がどれだけ圧縮形成されているかも
もどかしくシビアな側面として伺えます。

その狂った思考に対抗するのがこれまた狂った指揮系統の制圧部隊。
事件発生から六日後に始動し、詳細を明かされぬままなにがなんでも
封じろと言われる現場、闇雲に科学者をさらいろくに器機のない場所で
解決方法を探させ、しかも軍上層部は生物兵器を隠す為に放射能汚染を
掲げ、果ては住民に兵士もろとも町一個消え失せさせる程の兵器を
撃ち込もうという思考に行き着きそうな連中に、それを容認しようと
待つ大統領まで登場。町は既に不信を募らせた住民と制圧部隊との血の
流しあいを始め、隔離収容された住民達の中には明らかに感染している
者がいて非感染者を助ける気など毛頭無いような状況。
なにからなにまで正気の沙汰とは思えない体たらくの極み。

クレイジーVSクレイジー。


全てが狂って行く世界で
正気のまま常軌を逸しざるを得ない
主人公デビッドの姿こそが最も…。


今だ色あせない傑作。


>画像、劇場公開時チラシより。

PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
クレイジー、本当の敵は
こんにちは、ゼブラです。

劇場公開時のチラシは初めて見れました。(昔からチラシ集めもしているので)

「ザ・クレイジーズ」のビデオ、DVDで未だ観る事が出来ず、昔にTV放映で観た記憶以来です。当時、「カサンドラクロス」と白色防護服兵士が重なり、ましてやロメロ作品とも知らずにいました。

TVでは「殺菌兵器に侵された町」という題名で、その名称で中古ビデオを探していた事もあり、疎くなり、「ザ・クレイジーズ」と知るのは、ここ数年でした。揺り椅子に座る、おばあさんが毛糸の竹棒?で防護服兵士のガスマスクを突き刺すシーンが記憶に残ってます。最後は核爆弾?でしたでしょうか。中途半端な曖昧記憶ですみません。


DVDは価値上昇ですね。
人間の行動や思考、正気と狂気、全てが狂って行く世界、ホラー・パニック映画の域とは違う、非常に気になります。
ゼブラ URL 2010/06/09(Wed)11:45:52 編集
>ゼブラさん
コメントありがとう御座居ます♪
チラシは特別版DVD発売を受けてのつい最近の公開のものです。私は旧版のDVDが初見です…本当だ、また価格あがってますね。TV放送時のタイトル違いは物の本で知りました。その当時に見られていたんですね。おばあさん、気味が悪いです。旧版DVDではおばあさんが椅子に座りなおした後、スローになるんです。爆弾は待機のままです。最後のシーンは黒人の大佐がヘリにつり上げられる準備の映像で終わります。リメイク版は予告観た感じありがちな展開の様な印象なので期待しないで待ちます。
カボチャスキ 2010/06/09(Wed)17:01:27 編集
ザ・クレイジーズのDVD
こちらのほうこそコメントをありがとう御座います。
旧DVD版のレビューも見させて頂きました。
私は当時(10代?)記憶で、銃撃シーンや防護服兵士の方を見ていたので、ストーリーや世界観には何も・・・・でした。TV題名の正確名も記憶で自信がないです。今、ロメロ作品として観ると感慨深いと思います。

そして、ネット調べをしたら、スティングレーから昨年発売でした。実はゾンビの限定品もDVDショプで探していて、どうしてアマゾンや店頭販売されていないかが同時に理解出来ました。スティングレー企画のネット販売のみだったのですね。チラシはその限定DVD告知だったとも判りました。

あと、いずれDVDを見ますが、あの優しそうなおばあさんもやはり感染・狂気だった事、何10年振りかに解けました。
ゼブラ URL 2010/06/10(Thu)15:14:22 編集
>ゼブラさん
こんにちは♪
ぜひご覧になって下さい。
特にフルフォーマット版は興味深いです。
作品のドキュメンタリーにも思える観察者としての
演出も冷淡に思えて痺れるんですよね。
素晴らしい作品だと思います。
カボチャスキ 2010/06/11(Fri)17:46:52 編集
ザ・クレイジーズ
って、ほんとすごい映画だと思います。後に与えた影響も意外と大きいですし。ただちょっとこれまで出回っていたソフトの映像が古いというか、安っぽく見えてしまうのが、一般に敬遠されてしまう理由だとも思いました。新しく出たDVDの画質は、その点かなりいいですね。

私もこの映画子供のときに観ました。とにかくラストがせつなくてせつなくて、そこはすごく印象に残りました。
フウイン URL 2010/06/15(Tue)21:07:12 編集
>フウインさん
今でこそあれこれ考えられますが、
私がもし子供の頃にこれを見たとしても
人々のおかしな行動や殺戮されて行く場面は充分
恐怖対象だったのではと思えます。

人間性を失った時その姿は人間とよべるのか…。
人間てナニを以て人間然と構築されているのか。
今以て興味深いです。
カボチャスキ 2010/06/19(Sat)12:35:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]