忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[391] [389] [388] [387] [386] [382] [384] [383] [380] [379] [378]
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像、捕獲DVDより。

ちょっと前になりましたが「悪魔の凶暴パニック」に
「ラストハウス・オン・デッドエンド・ストリート」と来て
今回は「悪魔の調教師」…そうです、三本セット
「グラインドハウス・ムービー DVD-BOX」を捕獲してみました。
全て初見でしたがこうして感想など書いてみますとどれも
個人的には意義を見出せたりして面白かったです。
中でもこの「悪魔の調教師」は物凄く好みで一番よかった。

踊り子三人組は舞台の待つラスベガスに向かう中、近道をしようと
荒野に車を走らせるが途中で故障して立ち往生。そこへ現れた男は
電話を貸してあげると言い、三人を自分の車に乗せ家まで運んだ。
到着した家には獰猛なクーガーが入れられている檻がある異様な
雰囲気で、踊り子達は家に入り辺りを詮索すると納屋の様な場所に
行き着いたのだが、そこで信じられない光景を目にしてしまった!!


☆以下、内容に触れています。

巨匠アラン・ルドルフ監督デビュー作という事ですが、私は他の
作品は見た事ありませんのであしからず。ビジュアルの良いお洒落系の
作品が多いとか…お洒落じゃない私には難しそうです(汗)。
その監督が自身のフィルモグラフィーから本作を抹消していたと言う
曰く付きの作品らしいのですが個人的には存分に楽しめた作品でした。
確かに画面構成とか雰囲気とかキリッとしている印象。
図らずもお洒落なニュアンスが出てしまったのでしょうかね。
どことなくスタイリッシュな感も滲み出している気がします。

幼い頃に母親に出れ行かれ父親と二人で暮らしていた青年が
母親恋しと捕らえた女性に母の姿を見るのですが、
演じるアンドリュー・プラインさんがしっかり“子供”に観えたりして
闇を認知しないあっけらかんとした存在感から真っ昼間の凶行と荒んだ
感じは、子供ホラーとしても名作として括れそうなほどの印象でした。
しかも母親をもう逃がさないと言わんばかりに首に鎖かける場面は
狂気の沙汰著しくも悲しい場面に感じて物凄く好みなシチュエーション
で、そんな彼は調教する娘達にちゃんと動物柄の衣装を纏わせる
本気度100%で新しいサーカスを実らせようとする姿も極まって凄まじ
かったです。女性をいわゆる性の対象とは全く捕らえない“信念”に
対しての純粋さと、完全に獣として扱う(首の壁掛けみたいな)斬首や
(敷物として使いそうな)皮剥ぎとくれば、恐ろしさも抜群でした。

最後は脱走した数人の女性が無事にこの事態を伝えてくれれば囚われの
身が助かるかも知れないと言う希望に満ちた瞬間に、突然まったく見た
事のない恐怖対象に襲われ惨殺されまくる惨劇は、グロ描写はほとんど
なくても充分度肝を抜かれました。この突然感は相当怖い場面でしょう。
人間の作り出した殺戮兵器が、副産物としてさらに殺戮を呼ぶ存在を
造り出してしまった異常の連鎖もシビア。これは核実験への警鐘どころ
ではなく結果破滅しか示していない感が強くて絶句です。


あくまでも個人的にはですが、本作は揺るぎない傑作でした。



PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
無題
あ~VHSで観ましたね。
黙ってりゃイケメンぽいのに幼児的でマジキチ。
オマケにラスト近く、唐突に現れた「アレ」…
反則だけどアリ。
しかもしっかり生きててしっかり去って行く。
今後の人知れぬ惨劇を予感させたED。
いや~な作品でした。
ジェス・腐乱コ 2010/12/21(Tue)10:20:25 編集
>ジェス・腐乱コさん
コメントありがとう御座居ます♪
VHSって物凄くレアなのではと言う話は聞きますがそれをご覧になったのですね!! こんなに面白い作品を今まで見られなかったのはかなり残念に感じます。

以下ネタバレあり。

マジキチ感は本当に極まっていたかと。ラストのアレ登場は私も大アリで大好きなシーンです! 去り際のズームの「ここ! ここですよ!! ここっ!!」的なクローズアップも素晴らしい演出だな〜と。後味悪いですね〜実に。
カボチャスキ 2010/12/21(Tue)17:04:32 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]