忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[396] [395] [393] [404] [394] [392] [391] [389] [388] [387] [386]
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像、チラシより。衛星よりHV受信。

一風変わった吸血鬼物に観え「渇き」と言うタイトルに反して相当汁気が
多いです(笑)。生き甲斐であれ、生き方であれ、生活環境であれ、自らの
“潤い”を求め望みを優先させたが故に全く相反する方向へと進まざるを
得なくなってしまった男と女。シュールでコミカルである意味ばかばか
しさがどうしようもなさを叩き付けてくる怪作でした。血まみれの
堂々巡りにいたちごっこも映画的に面白い描写だと思う。
人妻役の表情の目まぐるしく変わる様も良いです。

自らの意志で、とある伝染病ウィルスへの実験台に身を投じ図らずとも
バンパイアとなってしまった神父と、いいなりで暮らしている日々から
脱したい人妻。神父はそんな人妻を解放してあげたいと夫の殺害を
決意し、人妻との幸せな日々を夢見たはすだったが…


☆以下、内容に触れています。「REC/レック」にも言及しています。

人の役に立ちたかったのに、死を目の前に祈る事しか出来ない様に
やりきれず、とある研究所でウィルス感染の実験台になる決意をし、人の
役に立ちたいと願うも結果的に原因不明で吸血鬼(と同じような存在?)に
なってしまった神父は、自らの快楽を求めてしまう衝動に駆られながら
生き倦ねていると、地獄から抜け出したいとせがむ人妻の出現によって、
事態はさらに悪化の一途をたどるしかなくなる。血はドクドク流れるは、
死体がゴロゴロ作られるは、愛の示し方は増々バイオレンスで、全てが
裏腹で滑稽。最悪ながらもそれが異様に虚しくて痺れる。

当ブログ的に最も気になった件は、吸血鬼体質になってしまったまでの
散りばめられたセリフ。かく言う私は訳を頼りに感じ得るしか無く、
吸血鬼にも詳しくもないのですが、「バチカンから認められていない実験
を行っているエマニュエル研究所」、「自殺はサタンへの殉教」、「宣教師の
致死率80%」、「“未亡人の神”である【“バジラ”の呪い】と呼ばれる
伝染病」、さらに血を輸血された結果…といった辺りはまず奇妙に
感じました。

あくまでも素人考えと言う事をご理解頂いた上で、吸血鬼化の理由を
私の脳味噌の片隅にあった記憶から考察しますと、“神に背いたから”
もしくは“自殺したから”と言う定義付けが思い出されるのですが
Wikipediaにも原因として同じような事が記載されているので
代表的な例として考えるに、神父が吸血鬼になってしまったと言う
結果からは、バチカンに認められていない実験に参加した部分や自らが
死に赴いた事が、この神父の場合の神へ背く行為だったからとも考えられ
そうで、それを例にすると吸血鬼化は当然と言えば当然なのですが、単純
ながら他の作品ではそう見かけないプロセスだったのでユニークに感じ、
エマニュエル・ウィルス×神に背く行為=吸血鬼(=血を飲むと不死身)だ
とするとエマニュアル研究所はウィルスを使って不死(=吸血鬼/悪魔?)
の研究をしている可能性もありそうで実に興味深いです。吸血鬼化が謎の
血を輸血されたからでも問題ないのですが、それだとバチカン云々に自殺
か否かの件は特にいらなそうだし、ましてや“それに背く存在の誕生が
それをも浮かび上がらせる”状態が個人的には興味が沸き物語の核心でも
ありそうなので、その辺が非常に気になりました。その辺りの詳細を
ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご一報下さい。

かつて憑依系ゾンビ映画「REC(レック)」では悪魔の撃退方法を抗体の生成
から科学的な解決策を摸索していたなんて凄い事していましたが、こちら
の研究所も負けず劣らずだとしたら、いやはやみなさん一体何を研究
をしているのでしょうね(恐)。

あれこれとまたもや思い込みの激しい感想になってしまいましたが、
ラストに人妻から「死んだらおしまい」という台詞を吐き出させた、
自ら死に赴き一度死んだ神父がもう一度死ぬと言う始めから終わりまで
“おしまい”の物語は、望み望まずに関わり無く多くの死体を突きつけ、
終盤に神父の語った“人命軽視”と言う皮肉めいた言葉を鮮烈に思い
出させる…そんな印象が強かったお話でした。


とにかく凄まじい内容ではありました。映画的には好みです。

PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
無題
御無事でしたでしょうか!?
ジェス・腐ランコ 2011/03/16(Wed)09:48:14 編集
>ジェス・腐ランコさん
すみません、ご心配をおかけしてしまいました。無事です。
カボチャスキ 2011/03/16(Wed)10:47:04 編集
無題
良かった、御無事でなにより。

しかし人妻が凄まじいですね。
いっそ彼女が主役でも良かったかな!?と思いつつ、平井和正版スパイダーマンにあったエピソードを連想した次第。
主人公が輸血した相手が同様の能力に目覚め、ヒーロー気取りで愉快犯的行動を始めたがエスカレートしていき…という。
本家マーベルにはあるのかは未確認。
まぁ、「渇き」はあの主人公だから独特の作品になった訳ですし。
そういえば、韓国はキリスト教はプロテスタントが主流だそうなんですが…これが教会同士で信者の取り合いやら、国民性なのか教義が原理主義的に変容したりなど、余りの逸脱ぶりにヴァチカンから異端認定され破門同然、なんだそうなんでヴァチカンに思いを馳せ悩む彼はカトリックなんでしょう。
少なくとも嫌いな作品では無いです、ハイ。
ジェス・腐ランコ 2011/03/17(Thu)19:46:25 編集
>ジェス・腐ランコさん
こんにちは。
ご心配頂き恐縮です。私の知人にはいまだ連絡のつかない家族がいますのでやはり心配です。被災地で踏ん張る方々を信じ、日本を信じ、世界を信じ、自分に出来る事をこつこつとやって行きたいです。

人妻面白いですよね。確かに途中から主人公食われています。特殊な能力を相方も持ち暴走を始めると言う態は結構見かけた気がするのですがポンと思い浮かばないのがもどかしい(笑)、能力者同士になった時のやり合いはバイオレントでおかしいです。
私は宗教系には疎くてつい最近某ドラマで神父がカトリック、牧師がプロテスタントと言った分け方をするのを知った程でして(汗)。韓国の宗教事情に起因する宗派によっての敬遠というのは頭に無かったのですが(汗)、主人公が変貌してしまったのは主流である信仰への背信行為における戒めだとしたらなんだか複雑な事情がありそうです。果して監督さんの真意は如何に。

追記2011/03/19(Sat)19:40
先程、WOWOWで放送された「渇き」を観て確認しましたが訳が「神父様」となっていました。となるとジェス・腐ランコさんの仰る通りカトリックでしょうかね?韓国では牧師と言う呼び方はするのでしょうか?それとも日本だけの分け方?その辺興味深いですね。
カボチャスキ 2011/03/19(Sat)14:33:30 編集
ググってみました
まずは英語での呼称です。

神父:A father

牧師:A clergyman

>どちらもキリスト教の聖職者ですが、一般的に言われる神父(司祭)は、カトリックの、牧師はプロテスタントのそれです。信仰上の大きな違いは、前者は使徒継承の位階制度(司教-司祭-助祭)を形成しているが、後者はそれを否定して発生したものということです。
>神父は、神様と信者との仲介役。
>牧師は、教会を切り盛りする人。

…だそうです。
まあ自分も偶々知ってた程度で詳しいところまでは把握出来ていなかったのですが、なるほどこれならヴァチカンに拘るのも頷けます。
…まあ、言ってみるもんです(*´σー`)エヘヘ
ジェス・腐ランコ 2011/03/20(Sun)16:45:13 編集
>ジェス・腐ランコさん
調べて下さったのですか、有り難う御座居ました。
私も偶々TVドラマで神父牧師云々を知ってジェス・腐ランコさんにこうしてコメント頂けたワケですから偶々は大事です。おかげさまで拙いブログも意義のある物に近づけそうで感謝です。

記して頂いた神父牧師の存在感はどこか根本的に違う印象ですね。某映画紹介サイトで牧師と紹介している記事もありましたが「渇き」では神父の方が感慨深い感じになりますね。映画についてあれこれ考える事が出来て楽しかったです。
カボチャスキ 2011/03/20(Sun)18:29:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]