忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[591] [589] [588] [587] [586] [585]
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!

「エロ美ちゃんオーバードライブ」

元ヤン総長エロ美ちゃんが
エロにマシンに仁義に大奮闘!!
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
ブログ内検索。
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来の息吹を最後に…
ロメロ監督の思惑は果して…?!



当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧

☆2017年7月16日に肺ガンで
他界されてしまいました…
この世にゾンビを放ってくれて
ありがとう・・・
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
死霊の南瓜金助
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしていました。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
ゾンビと歩こう…


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)

「パパ、きのう、こわいゆめみた。」

「どんな夢だった?」

「ぞんびとおばけとゆうれいがでてきて、こわかった。」


…どうやら娘の夢にゾンビやらが出てきて娘に怖い思いをさせているらしい。


 
こんにちは。死霊の南瓜金助です。
私事ながら一応ゾンビネタにて約三か月ぶりの更新。

 ゾンビと聞いたら黙っていられない。いったいどんなゾンビが娘を怖がらせるのか、どうしても知りたくなってくる(笑)。何度かそのゾンビの詳細を聞き出そうと試みたのだけれど「思い出すのが怖いから」と暫く断られ続け、ようやくその姿を描くことに成功する。

 まず私がシャーペンを持ち、ゾンビの顔の輪郭や髪形、目や鼻の形を聞き出しつつ、輪郭を描き始めたら、娘がすぐさま私からシャーペンを奪い取り、スラスラと描き始める。「顔は四角、目も四角、口はぐにゃぐにゃしていて、ベロが出てる…」…お絵描き好きの娘にとって、他人が描いているのをただ見ていられなかったようで(笑)、描きながらいろいろ解説してくれた。

 それをもとに、完成させたのが下に取り上げた絵である。娘の描いた原画も投稿したいところだけれど、基本的にここの活動は娘には極秘という事もあるのでやめておく。色も娘の指示により着色。背景も「黒」にしてと言う指示があり、真っ黒だと味気ない気もするので、グラデをかけることを了承の上、制作。怪物たちはどうやら真っ暗闇の中に潜んでいるらしい。しかしなんとも不思議な雰囲気の怪物たちだ。娘は夢の中でこやつらと「戦っている」となるとそれはそれでたくましい。

 この怪物たち、幼稚園児の言う事だしある程度の想像も混ざっている可能性もありそうではあるが、娘の描きあげる様子を見ているに、描きながら考えてている感じもなく、実にスラスラと描いているので、それなりの信憑性はありそう。絵の中の「おばけとおばけのともだち」の顔の中心にある横線は鼻という事。「鼻は棒」…娘はそう言ってくるのだが、穴が棒なのか、形が棒なのか、とにかく「鼻は棒なの」との事。…想像しがたいビジュアルである。とは言え、こやつらが暗闇の中から襲い来るとなると、非常に薄気味悪そうだということは伝わってくる…。

 しかし、かなり面白い。私の想像の上を行ってくる。詳しくは聞いていないが、いったいどんな動き方をするのか、その攻撃方法も想像力を掻き立てられる。肝心のゾンビは、他の化物に比べるとやや地味な気がするが、青っぽい肌だったのがなんだかうれしい(笑)。「目は真っ赤」で、腕がなく「体から手」だそうだ。…にしても、気になるのは「おばけのともだち」の顔である。以前投稿した記事には『かぼちゃのオバケは娘のヒーロー』だったはずだけれど、みた感じ、まんまカボチャのオバケ(汗)。全部三角というところがかろうじて偽物っぽい気もするのだけれど、夢は真相心理に反映されているとも聞けば、なにかしらの影響は与えてしまっているのだろうなと、複雑な思いが…(苦笑)

 この死に損ないの創作意欲にも刺激を与えてくる、実に楽しいひと時だった。
ありがとう愛娘。物凄くしあわせだったよ、パパは。(笑)


思うにもしかすると、親子初コラボ作品かな?








PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
おお、これは恐ろしい!
こんにちは。

夢の中に怪物が現れて襲いかかってこられる経験は小生もありまして、撃退するどころかひたすら逃げるだけでありました。(笑)
それにしてもヴァリエーション豊かなカイブツたちですね。
小生、初めて目の当たりに致しました。(^ ^)
御令嬢さまの想像力(記憶力?)に脱帽です。

さて、こちらのブログですが御令嬢さまには秘密とのことでありますが…将来的にはその秘密もいつの日にか御当人の知るところとなるやもしれません。
それが果たしていついかなるキッカケによることになるのか?
そしてその時、御令嬢さまがどのような思いにとらわれることになるのか?
ふと、そのようなコトを思ってしまいました。

例えば、モロボシ・ダン隊員の正体を知ってしまったアンヌ隊員とか、映画のラストシーンで自由の女神像を発見してしまったチャールトン・ヘストンの宇宙飛行士とか、第1話で自分の正体をお父さんロボットから教えられたキューティー・ハニーとか…それまで知らなかったコトを知ってしまった時というモノは往々にしてある種のインパクトを感じてしまうものかと存じますデス。^_^;
snowman 2018/07/07(Sat)04:42:30 編集
Re:おお、これは恐ろしい!
snowmanさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
 娘が夢の怪物たちと戦うのは嫁譲りの性格かもしれません。嫁もゾンビが出る夢を見て我に返り、私を叩き起こして「ゾンビってどうやれば倒せるの?」と質問し、「頭を破壊すれば倒せるよ…」と寝ぼけつつも説明すると、そのあとすぐ寝入って夢の続きを見てゾンビをやっつけられたそうです。夢の続きを見られるのも驚きですけれど、寝ているのを叩き起こされてされる質問がそれだったことが笑えましたけれどね。
 怪物画は是非お子様がいるご家庭の方に試してほしいですね。いままで遭遇した事のないような恐ろしい怪物が現れそうです。あまりにも怖がるようなら、その描いた絵を一緒に破ってやっつけようと思っていたのですが、描いていて私とその怖い怪物の共通の認識できたのか、どうやって一緒にやっつけようかとか話しているうちに、なぜか楽しそうに話するようになっていったので、今後の怪物退治になにかしら影響がありそうです。
 …そうなんですよ、ブログの事とか諸々、娘に話さないといけない環境には必ずなりそうですが、その辺はうまい事行くように、娘が育ってくれる事を願うばかりです。アンヌ隊員やハニー程の衝撃ではないことを祈るばかりですね(汗)。
【2018/07/07 18:07】


トップへ 忍者ブログ [PR]