忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[229] [228] [227] [225] [223] [222] [221] [220] [403] [218] [216]
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>借りて来たゾンビ。

さて、予告していた「チルドレン・オブ…」でも。
レビューに挑戦しようと決めてから投稿まで
非常に困難を極めたルッソ氏絡みの珍種ゾンビ登場。

パッケージには「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の
後日譚と記されていて、ならばと見る事に。
続編としてはどこか違う印象でした。初めて観た時、
出来不出来はともかく、ゾンビホラーとしての
説得力も弱いにしても、物語は私なりに把握出来たのですが、
主役格のゾンビの風貌に首を傾げずっと理解出来ない
ままでいて、その何年か後に意を決して見た
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 最終版」から、
本作の主役格ゾンビの風貌への答を垣間見た様な気がしました。
ジョン・A・ルッソ氏プロデュースの下と言う事で
「ナイト・オブ…最終版」からの流れと見ると
スタンスはなんとなく相通ずるものが見出せますよね。

本作は「…最終版」とセットで見てみるのも一興?
あくまでも「…最終版」の方です。
とは言っても、決してオススメしている
ワケではありませんので、あしからず。

☆以下、ネタバレありです。

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 最終版」の
内容にも触れていますので「…最終版」未見の方は
読まない方が宜しいかと。



何故そうなるのかという疑問は
拭いきれませんが、とりあえず、妄想も含め本作を
思い出しつつ進めてみます。(括弧内は妄想です。)

まず1968年に起きた死者が蘇るという事件がありき。
墜落した金星探査衛星からの放射能の影響とも言われていたけれど
原因は特定されず。この動く死者事件は後に一度沈静化される。
(劇中でさらっと語られていますよね。やはり続編なのですね。)
しかし、退治したと思われた死者の中に逃れたのもがいた
可能性もあり、再び1986年に“原因不明”のゾンビ汚染が町を襲う。

この町では過去にアボット・ヘイズなる人物が
母親に異常な愛情を注がれ育てられていたせいか、
後に精神に異常をきたし、母親はおろか数名の女性を誘拐し殺害と
言う忌まわしい事件が起きていた。アボットの殺人が発覚し、
投獄され獄中で殺されるが、(ゾンビ汚染の影響か)
死体が何故か消え失せていた。そんな中、スクールバスが襲われ、
運転手と教師は殺され子供たちは誘拐されるという事件が起きていた。
(犯人は忌まわしいアボット・ヘイズ邸の納屋に子供たちを閉じ込め
潜伏を謀ったが、そこには死んだ筈のゾンビ=アボット・ヘイズが
先に潜んでいて、誘拐犯は襲われゾンビとなっていた。
)

ゾンビ汚染の中、ゾンビ退治を(しながら誘拐事件の捜索を)していた
男達は念のためヘイズ邸調べようと向かうと怪しい納屋をみつけ
内部の捜索を開始。運良く誘拐された子供たちは発見され救出される。
納屋の2階を調べていた男はゾンビ(となった犯人)を見つけ
倒したが、次に死んだ筈のアボット・ヘイズに襲われ、
死にそうな程の怪我を負わされると1階に転落。自分のゾンビ化の
前に仲間に殺してもらうが、残された仲間は2階を確認しなかった。
アボットゾンビを見逃してしまったが、最後の汚染地域と言われた町の
ゾンビ禍は収束に向かった。

やがて14年の歳月が流れるとアボットゾンビの姿は人間のそれとは
かけ離れた悪魔をイメージさせる様な姿へと変わっている。
コンサート会場への道すがらヘイズ邸に近づいた
かつて誘拐された子供たちのグループは忌まわしい記憶が蘇り、
払拭したいのか中の一人がアボットの母親の墓を踏みつけにすると
影で見ていたアボットゾンビは、かつての子供たちの乗った
走る車の前に現れ、驚いた運転手の操縦ミスで車ごと崖から転落させ
全員死亡させる。(母親の墓への執着は愛憎故の母親の殺害であった
可能性も考えられ、さらに誘拐され殺害されてしまった女性達も
アボットが愛を無くした虚無故の犠牲とも取れそう。
)
転落死したかつての子供達は埋葬される筈だったが
アボットに蘇らされゾンビとなって墓から消えて行った。
(街ではアボットの幽霊話が有名の様で墓場や納屋に人間を
近づけない為の幽霊作りと取れば良さそう。
)
死体が消えてしまう墓地の所有者は土地を売る事を決意するも
(それを嫌ったのか)アボットに殺され(仲間にもされず)
棺桶に入れられ埋められてしまう。

さらに翌年、ゾンビ事件は作り話か伝説扱いの世の中と言う事が
語られる。(情報操作が行われゾンビ汚染は歴史の闇へ
葬られている可能性を示唆
) 寂れた町の活性化を図るためか、
ヘイズ邸を含む近辺の墓や土地を自動車販売の会社に売り、
ショールーム建築工事が入る事となった。それを嫌ったアボットゾンビは
(自分の拠点を存続させる為か) 今までに揃えたゾンビを招集!!
町を襲い始め、建設会社の人間達とゾンビ達との(こじんまりとした)
攻防戦が始まる。結果はゾンビ群退廃。3度目のゾンビ禍も
収拾となったが、アボットの姿は無く逃亡していた。…終。

…いいのかな?これで合ってる?(苦笑)

本作のゾンビ汚染がルッソ氏の「ナイト・オブ…最終盤」の
追加フッテージで語られた現象と同じで、
探査衛星放射能汚染はなんの関係なく、悪魔の仕業説と
取る事が出来れば、後のアボットの悪魔的容姿もなんとなく
説明付きそう(笑) 悪魔の仕業ゾンビは年月が経つと風貌も
悪魔のようになるのですよ、きっと。これはゾンビ的には
珍種と記録しておきましょうか。アボットは悪魔の仕業で
動く死者として蘇ったにもかかわらず、人々を襲うより
隠居ゾンビと化す様は可笑しい。生前母親と土地へのが
執着心が余程強かった様ですね。そう、これは
愛情の過多が引き起した惨劇ゾンビ禍だったのです!!
いや、どう考えても“変なゾンビ”禍です。
悪魔の“死体を動かして人間を食べさせちゃえ現象”は
実に気紛れで困りますねぇ。

まずい…文章まで破綻し始めたか?
…貴重な時間に長々と読んで頂き有り難う御座居ました(汗)



では次も折角なので、
「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記」を
考察してみたいと思います。
ロメロゾンビの整理はまだ遠いのか…(笑)
PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
無題
なんか長い年月が劇中でたってしまうゾンビ映画なんですね?
チルドレンって…アボット??
たっく URL 2009/04/17(Fri)18:27:36 編集
>たっくさん
こんばんは♪
そうなんですよ、観てると面喰らいます。
チルドレンは“…の落し子”と言った様な
“産み出されたもの”的ニュアンスではないかなと。
そうすると、実は的を射ているタイトルですかね(笑)
カボチャスキ 2009/04/17(Fri)21:39:27 編集
観ましたが・・・
なぜか忘れてしまってます・・・
そんな昔ではないのに。インパクトが
よわかったのでしょうか~もう一回観ましょ。
盆踊り URL 2009/04/18(Sat)19:32:38 編集
>盆踊りさん
ゾンビ的にもそうとう弱い印象でしょうね。
忘れてしまっていても仕方ないかも(笑)
いや〜、改めて観る程なのかも正直言いづらい(凹)
カボチャスキ 2009/04/18(Sat)20:57:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]