忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[293] [291] [292] [290] [289] [288] [483] [287] [363] [286] [285]
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
ブログ内検索。
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来か!?
ロメロ監督の思惑は果して…?!
Blu-ray&DVD発売中!!

皆様はどうご覧になりましたか?

当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)


>画像捕獲DVDより。
スマイルBESTが出た時にDVD揃えました。ご存知だとは思いますが私がゾンビ熱を発症したのは2004年からで、それまでは基本レンタルだった事もあり(汗)。スマイルBEST発売まではダリオ・アルジェント監修版もディレクターズカット版も未見の状態でした。

「ゾンビ」…とうとうこの回が来ました。「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」宜しくきっと意見も出尽くしているほど大勢の方がレビューされいて、これまた今さら書きにくいですが、BOX発売の前に整理しておこうとDVD3種見始めました。思い出話も含め相変わらず思い込みも多い感想だと思いますが一例としてお読み頂ければ幸いです。

以下、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」、リメイク版の「ドーン・オブ・ザ・デッド」も含み、作品の内容に触れています。

「ゾンビ」との出会いはバイトを始め自由のきく小遣いが出来た高校の時分レンタルビデオにて。多分「米国劇場公開版」だったと思います。動きの鈍いゾンビなのに襲われるシーンにどうにもハラハラしてしまう見せ方、有無を言わず頭吹き飛ばす映像、元は人間だったのに容赦なく撃たれ刻まれ殴り倒される生ける死者達に恐ろしさと悲しさを抱いたのが初めて観た時の衝撃でした。登場人物の人間描写よりもゾンビのやられっぷりに目を奪われたと言うのが始めて観た時の印象です。それでもまだ「ゾンビ」に興味を持ったわけでは無く、ゾンビ熱に犯されるのはリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」を見てからとごく最近の事です。

とは言え、「ゾンビ」自体はゾンビ熱に犯される前も何度も繰り返し見て大好きな作品でした。ロメロゾンビの特に好きな部分は噛まれたりでの感染を示唆する事無く“ただ死んだだけでもゾンビとして蘇る”ニュアンス。しかしゾンビ発生の原因はこの「ゾンビ」でははっきりと明言されておらず、また「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のように墓場でうろついていると言った意味深なシーンも無く初めて観た時の印象は【原因は解らないけど噛まれて死ぬとゾンビになるんだな】位の認識でした。後に見た「ナイト・オブ…」で発生の可能性のある事柄は語られていましたが、直接的な“死者のイメージ”を感じたのは「ナイト・オブ…」内の検死のタグを着けたまま動いている死体からで、ロメロゾンビに関しては感染無くとも死者が動き回る世界と言う位置付けで「死霊のえじき」以降もそれを踏まえて見るようになりました。

私は惑星爆発の映像が含まれている独自編集版をまだ見ていない事もあり、この“感染なくとも行進する死者”のゾンビ蔓延現象は“死の主張”という“現象の具現化”と置き換える事も出来、ロメロゾンビ作品への私なりの解釈にもなりました。余談ですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」はただ死んだだけでは蘇らない事で「ゾンビ」への敬意を表しているのかもとも感じてしまった程です。

その後“死の主張”を意識して見始めてはいるものの、この「ゾンビ」には“ただ死んだだけで蘇る”というニュアンスが視覚的には描かれていません。ストレートな言い回しから“地獄から死者が溢れ出すと地上を歩き回る”といった台詞にその意味合いを見出せ、さらにもうひとつ、冒頭のアパート突入の際にロジャーとピーターが出会う牧師さんが死者に祈りを捧げたというシーンからもひしひしと感じられました。祈りを称える事に魂が天へ召される意味があるならば、魂が天に召され後に残った物体は、いわゆる亡骸であり死体、死んだ体、残された死。この辺意図的かは解りませんがそう考えると行為としては嵌ります。故にただの“死”と言うだけの存在が成立するのでは?と言う気がしていました。とは言え、その“感染せずとも死者が動き回る”という考えは後の「死霊のえじき」以降「ランド…」のDC版を観るまでしばらく揺らぐ事になるのですが(その辺はまた何れ)、後に聞いた「ランド・オブ…」内のコメンタリーで監督自ら明言されていて確実なものとなりました。

「ゾンビ」を見続けるにある時ふと、ゾンビへのパイ投げシーンで思います。「死んでまで弄ばれる様って酷い」と。ようやくと言った感ですか?(汗)。死んだ人を悪く言えない、死者に対する冒涜だ、と言う言葉は耳にした事がありますが、その言葉から連想する“敬い”に「死への神聖性」を重ね、そう接する事が死んだ人に対する心持ちなのだろう感じていた部分があった私には、このパイ投げこそが唐突にも最も酷い仕打ちに思えて来て、「死を笑い者にした一団」にやるせなさや憤りすら感じ、以前から感じていた「死そのものの主張」が重なると「死の主張」対する「死を笑うもの」と言う図式を見るようになりました。この図式を感じた時は電流が走った程の衝撃で、それがロメロゾンビの醍醐味であるかもしれないとも思っています。そう見始めたのはトム・サヴィーニ監督のリメイク「ナイト・オブ…死霊創世紀」公開あたりだったと思います。おかげでそのニュアンスがびっしり感じられたリメイク「ナイト・オブ…」は相当素晴らしかったです。そして「ゾンビ」のリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」が完成し、そのラストシーンの「Enjoy the sunrise.」の台詞が"楽しむはずの夜明けの陽光のさらけ出す世界が見るも無惨な死者の蔓延る世界"というまさに「ゾンビ」原題DAWN OF THE DEADへの暗喩と感じ「ゾンビ」の強烈さと素晴らしさを再認識させてくれて、現在のゾンビ熱にうなされる日々を送るに至ったと言う運びです。

生ける屍蔓延る異常な世界で人間にまで翻弄されるピーター、ロジャー、スティーヴン、フランの4人のサヴァイバル、「ゾンビ 米国劇場公開版」。消費社会への風刺についてはその現象自体これと言って肌身に記憶していないので、私に語る術はありませんが、DVD三種を見比べるに本作は不気味に近づく単体ゾンビが印象的です。この単体ゾンビは後の作品にも見られロメロ的特徴と言えるかも知れませんよね。そこから見せるゾンビの“不気味さや滑稽な行動”と、スティーヴンに見る銃の扱い方から“能力の無い者の勇み足”も浮き彫りにして行く雰囲気も見所ではないでしょうか。モール内のアナウンスや挿入曲が明るめでロメロ監督のゾンビシリーズを見比べても一番POPな雰囲気が独特で異質な存在感を醸し出しています。彼ら4人の人間模様を見るに、最後の生き残りをかけた“絶望の世界へ飛び込んで行く”様は一縷の望みを託さずにはいられません。
…言わずもがな傑作。

次回は「ゾンビ ディレクターズカット版」です。

PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
読ませていただきました!
理由も判然としないまま蘇った「生ける死者」が人間に襲い掛かり肉を食らう。そして事態解決のための手段も方法も一切ゼロ!
この不条理なシチュエーションこそがこの作品の最強(最狂)な部分だと思います。
またシリーズでもとくに『ゾンビ』に関しては「永遠の臨時休校」願望や、人間の物質欲なんかを刺激するところなども大きな魅力だと思います。

私にとって『ゾンビ』には衝撃的なシーンがたくさんありますが、やはり一番衝撃的だったのはロジロャーのゾンビ化ですね。
フウイン URL 2010/03/31(Wed)20:58:17 編集
>フウインさん
そうですね、ショッピングセンター独り占めは確かに夢のようなシチュエーション。「永遠の臨時休校」はマッドマックス2や似た系の文明崩壊後の世界によく感じてました。なるほど、ゾンビもニュアンスありますが危険過ぎませんか?(笑)。ロジャーにはハラハラさせられましたね!! だんだん精神を蝕まれて行く姿はツライです。私はフライボーイのゾンビ化した際の足が変な方を向いているのが今だにかなり衝撃的でしたよ。
カボチャスキ 2010/03/31(Wed)22:11:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]