忍者ブログ
“ゾンビと楽しく過ごそう!!” を標語に日々ゾンビとの接し方を摸索しているブログです。「ゾンビ保護区」を目指し出会ったゾンビ達の観察記録や創作ZOMBIEまんが&すけっち他、好きなホラー映画やお気に入り断絶映画の事等気まぐれに更新しています。
[147] [146] [481] [480] [145] [144] [143] [479] [478] [142] [367]
なんとなくつぶやいています。



手持ち無沙汰に一コマゾンビつぶやき
「TWITTER OF THE LIVING DEAD」
などと気がむいたらやってたり(苦笑)
ブログ内検索。
ジョージ・A・ロメロ監督作。
☆ゾンビ新時代到来の息吹を最後に…
ロメロ監督の思惑は果して…?!



当ブログ的ロメロゾンビ考察一覧

☆2017年7月16日に肺ガンで
他界されてしまいました…
この世にゾンビを放ってくれて
ありがとう・・・
新着ゾンビ小説紹介。
☆「ゾンビ百人一首」
作者の青蓮さんのご厚意で拝読中です。
百人一首から紡ぎ出される
ゾンビ物語の数々。
一節が非常に短くちょっとした合間に
読めるので、育児の傍らにも最適(笑)
簡易ギャラリー的ブログ紹介。
☆奇怪漫画製作部 のざらし倉庫


「のざらしむくろ」名義でお贈りする
自作漫画カスタマイズ版及び
「南瓜金助」で制作した作品を保管する
倉庫的ブログを設置しました。
コチラよりお入り下さい。
[PR]18禁漫画紹介。
☆「小林少年(丸)」名義電子書籍配信中

kindleでも読めます
(18歳未満の方は購入できません)
→「」/→「妹小屋
→「負界ノ書」/→「遊界ノ書
中古紙物はとてもお求め易い価格(笑)
[PR]18禁電子書籍紹介。
☆「おかさき潤」名義の18禁電子書籍
「ギャル改造ケイカク!」

長いのから短いのまで
50話分配信中!!
ゾンビ映像化案内。
☆「地獄の血みどろマッスルビルダー」
和製インディーズゾンビムービーの傑作発売から2年…ついに「地獄の血みどろマッスルビルダー完全版」となってWHDジャパン・フォワードレーベルから正規版DVDが発売中です!!
おめでとうございます!!!!!
↓↓↓↓↓


↑こちらがパッケージ画像です


DVD-R限定版情報


↓DVD-R発売情報専用ページ

日本に於けるゾンビ映画に新風を
吹き込む気鋭doragodonさんが挑む
和とゾンビの融合!!!!
当ブログの感想はコチラに。

予告編1予告編2

doragodonさんのブログはコチラから。
「ゾンビと暮らす。(仮)」
☆自作ゾンビ物語
[portrait of the dead]
めざせ!! ゾンビ小説家!!

ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。興味のある方は寄って
みて下さい。とは言え、なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さいね〜。
ひとまず秘かに裏道へと進みます。
自作ゾンビ漫画紹介。
☆「月刊 退廃トラウム」好評配信中!!!
めざせ!!ゾンビ漫画家!!!


長田ノオト先生の編集されました随時更新型耽美エロバカ電子書籍「月刊 退廃トラウム」にて上記イラスト全景ほか耽美ゾンビイラストとゾンビ漫画4頁を掲載して頂きました。因に月刊表記は洒落のようです(笑)。総勢40名程の執筆陣の耽美パトスが凄い!!! 御覧になってみて下さい。



「退廃トラウム」ふろく本「トラウマッ
でもゾンビ漫画1頁とゾンビ腸迷路3作品
を配信して頂いております。
興味のある方は是非お寄り下さい!!!
スペシャル企画。
不定期更新 「ZOMBIE vs. BABY」


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない赤児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
最新コメント。
☆コメントは承認後公開となります。
[10/17 snowman]
[03/12 snowman]
[01/06 snowman]
[12/28 ジェス・腐乱コ]
「プラナリア・プログラム」
☆続篇思案中にて。
切っても切っても分裂・再生を繰り返し
てしまう特殊な肉体を持った女性を
描こうとショート漫画と連作イラストの
シリーズ化目指し展開中。

血が多いので表立っては反転で投稿。
15歳以下は画像クリック不可です。



第1話(2P漫画)はコチラに。
イラスト展開はコチラからご覧下さい。
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」
☆めざせ、ゾンビ漫画家!!
▼現在第4話(番外編)まで完成。
↓第2話はR-15なので
15歳未満の方はご遠慮下さい。

→第1話はコチラから
15歳以上の方は第2話をドウゾ
第3話第4話(番外編)

▲新キャラゾンビの
「カワナシノカオくん」
いつの日かぞんび君と対面します。
[PR]南瓜金助作画参加媒体。
☆漫画やイラスト等を描いています。
↓ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」ver2.0

↑表紙&本文1ページ漫画掲載。
ゾンビカフェ委員会様HPで電子版閲覧可

↓特製予告漫画

南瓜金助参加コミックス全目録
参加同人誌紹介。
☆駕籠真太郎先生企画監修
うんこ100選
〜世界がもし100個のうんこだったら2〜

1頁うんこ漫画「美女内臓カレー」を
掲載して頂きました♪
久しぶりのオリジナル漫画です(笑)
通販のお申し込みはコチラでも
受け付けています。
興味のある方は是非お手にどうぞ!!
「ゾンビカフェ委員会」
☆ゾンビカフェ実現を目指して

↑ゾンビ布教フリーペーパー
「Cafe of the Dead」を発行されています
「ゾンビカフェ委員会」様のHPです
プロフィール。
HN:
カボチャスキ(死霊の南瓜金助)
性別:
男性
職業:
自称ゾンビ画家
趣味:
かぼちゃの収穫
自己紹介:
ホラ〜映画は好きでゾンビにも興味はあったのですがリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)を見てからというものモノスゴク好きになってしまいました。好きと言うだけでマニアックという程の知識はありませんけれど。そんな訳でゾンビ熱発症からは日が浅いのですが、以来、ゾンビ漫画家になるのが夢です。「南瓜金助」と言うペンネームでちょっとした漫画を描かせて頂いたりもしましたが現在休業しております。今はいつの日か訪れるであろうゾンビパンデミックを懸念しのちのちゾンビを介護しなければならない時期が来ると見越して介護職に就き日々ゾンビの介護を念頭に考察しております。
私的暫定ゾンビランキング(〜2014)

ハロウィン カボチャ コレクション↓

↑当ブログ管理人カボチャスキが
名前通りの好きなハロウィンの
カボチャ達を収穫して紹介しています。
メールフォーム。
ご意見、ご感想、連絡事項に。
Powered by SHINOBI.JP


▲「ノウガマルミエちゃん」も
ぞんび君のお友達です。
ゾンビと歩む。
お探し物をお買い物。
ゾンビグッズをお探しならまずは↓




ゾンビブログ紹介。
☆相互リンクさせて頂きました。




管理人DM様/「ポップでライト」なゾンビ
ファンサイトを目指し備忘録的にゾンビ
ワールドを紹介。ゾンビ愛好家ではなく
ゾンビと戦う事にスリルや興奮を感じる
仲間を募集中との事。因に↑設置バナー
は私(カボチャスキ)が納品致しました。
最古記事。
アクセス解析。


ゾンビ、ぞんび、ZOMBIE…
ゾンビの事だけ考えて暮らして
みたいなぁ(笑)。…でも年に
一度のカボチャイベントは
外せないけれど(苦笑)

[portrait of the dead]



テレビのニュースで流された第一報は、
僕の住む町の総合病院の霊安室に運び込まれた、
死んだと思われていた男性が突然動きだし、
歩き回って病院で働いているスタッフに襲いかかり
重軽傷者が出ているという報道だった。


春休みも終わり、新学年の始業式だった。
僕が通っている高等学校は家から歩いて10分くらいの距離。
3年間クラス替えがなく、2年生になった今年も、
1年の時と変わらず同じクラスのメンバーで代わり映えが無かった。
ホームルームで担任からの連絡事項が伝えられ、すぐに下校となる。
学校に残って話し込む生徒達もいれば、すぐに帰宅する生徒もいる。
大して変わりない極ありふれた日常、何事も無く過ぎていく時間。
僕は返却日が近づいた借りているDVDでも観てしまおうと
午前11時前には帰宅。
鞄をリビングのソファーへと放り、
ブレザーの制服を脱ぎ、シャワーを浴びた後、
深緑色のジャージーに着替えると
玄関のすぐ脇にあるリビングでくつろごうとソファーに腰掛け
目の前にあるテレビを点けたらそのニュースが
耳に飛び込んで来た。事件のあった総合病院は駅前の繁華街にあり、
僕の家とはかなり離れていた。
緊急車両のサイレンが遠くから風に乗って聞こえる。

シャワーを浴びていたのは30分間くらい。
ソファーに投げたままの鞄から携帯電話を取り出し、
クラスメイト数人に電話をかけてみるが、
繋がりにくくなっているとのメッセージが流れ全く通じない。
Eメール2件受信、同じクラスの男友達から。
内容は2件とも「そっちは大丈夫か?」と簡単なもので
事態は飲み込めてはいなかったが「今の所は無事」と
返信を送り様子を見る。
自宅の玄関の下駄箱の上に置いてある家の電話も試すが
携帯と同じく通話は無理だった。
外の様子が気になり、玄関のドアを少し開け
隙間から首を出し辺りの様子を伺う。
微かに聞こえる、叫び声の様な響き。
パトカーと救急車のサイレンの音はまだ微かに聞こえる距離だけれど、
確実に僕の身近で何かが起こっている事は充分に感じ取れた。
…何事だろう。
僕の目の前を、走り過ぎる人が一人横切り、目が合うと
「外へ出るな!! 死人だ!! 死人が俺たちを喰いに来るぞ!!」と叫ばれた。
死人が、喰いに来る?…その走り去った人のただならぬ様子に
慌てて玄関の鍵をかけ、リビングに戻る。
何かが確実に起きている。それも尋常じゃない何かが。

テレビに目をやると、引き続きニュースでは緊急特番と銘打って、
同様の事件が、国中の警察署内の遺体安置室や病院や交通事故現場、
負傷者を搬送中の緊急車両などいたる所で起き、
死体が動きだし人々を襲い始めているとの報道が始まっていた。
原因がまだ特定されていないと伝え、
[歩く死体に咬まれた人間も1時間前後で死に至り、
同じ様に歩く死体となり人々を襲い始めている。]
[外出は極力控え出歩かない、戸締まりをしっかりとし、
むやみに窓やドアを開けたりしない。]
[不審者には近づかない。][絶対に咬まれない様に注意。]
…と言った言葉が繰り返し発せられる様になった。
時折、警察と消防が事態の収拾を行っているとの情報が
挟まれはしたものの、国中で始まったこの惨事に
各機関が対応しきれているのか、素人の僕には全く判断がつかない。
ほとんどが治療を行う医療機関に、公安の維持を目的とする機関が
事の始まりとも思える状態は、かなりの危機感を煽る。
特番が始まってから30分程見ているが、
いっこうに何が起こっているのかも
見当はつかず。不安は次第に募るばかりだった。

…思った事はひとつ、彼女の事。

僕は一人っ子で両親は2人とも健在。
両親の事を心配する方が自然かも知れない。
…でも真っ先に頭に浮かんだのは彼女の事。
まだ、付き合ってさえいない、手すら握った事のない、
言葉も交わした事のない、隣のクラスの、
彼女の事ばかり考え始めていた。
今、何処にいるんだろう…怪我はしていないだろうか?
無事に非難出来たのかな?
まさかまだ学校にいるんじゃないのか?
…この事態を知っているのか?

彼女が好きだ。

僕はスニーカーを履き玄関を飛び出していた。


玄関を出ると、行く手50mくらい先に
2人血まみれの人がゆっくりと歩き回っているのが目に入った。
見るからに普段の人間の動きとは違い、
よろめき、フラフラと、ゆらゆらと、血まみれで歩いている。
これがニュースで言っていた歩く死体だろうか。
…目に見えて、異常だ。
この有様では既に事態は収拾がつかない程深刻化し、
手の施し様が無いのかという思いが強い。
異様な気配にひとまず玄関へ戻り、下駄箱の脇にある
小学生の時に買ってもらった木製の野球のバットを持ち出すと、
右手でバットの真ん中辺りを握りしめ、再び玄関を出て、
学校へ向かう道を走り出した。

外では緊急車両のサイレンが更にその音の数を増やし、
今となっては けたたましく鳴り響いて聞こえる。
ここよりも遥かに惨事であろう、駅近隣のデパートや
商店街の方角からも耳に届いて来る。
火事だろうか、隣町か遠くで黒煙も所々から登っているのが目に入った。
どうなっちゃったんだ…この状況は。

学校までの道のりは
アスファルトで舗装されている横幅5メートルくらいの狭い道路で、
民家の建ち並ぶ住宅街にあって、垣根やブロック塀で囲まれている
通りとしても極ありふれた景観。普段は車通りも少なく、
ましてや人通りも住人くらいだ。そんな場所にも関わらず、
僕の走る視界には点々と血まみれの人影が入る。
僕に気が付いた血まみれの人達は僕に向かっては来るものの、
動きを早める事は無く、走って追いかけても来ないので、
追いつかれずに、難なく校門へと辿り着く事が出来た。
門は開かれたまま。

僕はとりあえず、
校門は閉めた方がいいと思い、校庭に入ると門を閉め始めた。
非常事態には学校が避難場所になる筈じゃないのか?
外出が出来無い現状なら意味はないのかな。
校庭を見渡すと、血まみれの人が数人、
ウロウロと徘徊しているのが見えた。
声がする。「オーイ!! こっちだ、早く来い!!」
門から真正面、校庭のトラックを挟んだ校舎に一つある、
昇降口から男の人が手を振っていた。
校舎の教室の窓のいたる所では、帰りそびれた生徒や、
教員の姿が数人づつ見て取れた。
「そいつらは危険だ〜!! 走ってこっちへ来い〜!!」
昇降口の男は叫び続けている。
校庭内にいる血まみれの人数は見た限り5人。
危険と聞けば体は呼びかけるそちらの方へと向かう。
昇降口へ小走りに向かいながら、
血まみれの人々に視線を送り、注意しながら進んだ。
…血まみれの中の一人には見覚えがあった。
足を止めて注意深く見つめた。
胸元まである茶色い髪…眉の上で揃えた前髪。

…彼女だ。

僕はゆっくりと歩きながら彼女に近づき始めた。
「近づくな〜!! 捕まって、噛み付かれるぞ〜!!」
昇降口からの声は引き止めようとするが、
僕はそれどころではなくなっていた。
白い制服のブラウスを血で染め、
スカートは裾が破け太腿が露になった、彼女がそこにいた。
その距離2メートル弱。
彼女の灰色のような濁って見える眼球の目玉は僕を見ていた。
口の周りは血だらけで、いかにも生肉に食らい付いたかの様。
右手を伸ばし、僕を掴もうとしているようだけれど、
僕はそれをかわしながら、近づく彼女の歩幅と同じ早さで
後ずさりしていた。左肩には喰いちぎられた様な跡。
その先…左腕は、無かった。

なんて事だ。

空は澄んだ青、雲は高く白い。
平年よりも早く開花した桜は満開を過ぎ、
淡い桃色を光に白く輝かせ、
春の風に花びらをヒラヒラと踊らせていた…。


…彼女が好きだ。

いつか、伝えると思ってた。



(続く)



第1章(文章のみ)へ。
PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
感想!
遅くなってしまいました。すみません。文章作品ということで、何となく絵物語のようなものを想像してたんですが、しっかりとしたゾンビ小説なのでちょっと意外でした。状況説明が主体の前半から、後半は急展開で、かなり面白かったです。とても興味深い展開で続きが楽しみです。最初センテンスが少し長めかな?とも思いましたが、冒頭の説明部分のみで以降快調に読めました。それにしても問題の彼女が既にゾンビとは。いやあ、やられましたよ。続きを楽しみにお待ちします!
(感想ちょっと修正させていただきました。最初「続きを読む」をクリックし忘れてましたので。失礼しました)
doragodon URL 2008/08/02(Sat)07:38:58 編集
>doragodonさん
感想有り難う御座居ました!!!(修正まで、すみません)
当初の予定ではイラストに文章入れる程度のものを
考えていたのですが、表現しづらかったので
小説みたいになってしまいましたf(^^;)。
タイトル通りで、ゾンビと生活する話なので、
女の子は既にゾンビ化です。日頃疑問に思っている事
なんかを混ぜながら進行しようと考えています。
男のコの独白が中心になるので、
センテンスは結構悩んでいます。
ブログ上の1行の文字数が文字運びづらくて(T_T)

お付き合いの程、宜しくお願い致します(^^;)>"
カボチャスキ 2008/08/02(Sat)16:53:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]